フォロワー数の多い台湾のインフルエンサーまとめ11選!日本との違いや活用法など
インスタクラウド広告_目次下_600_400

台湾で人気のインフルエンサーまとめ

台湾の観光地の画像

台湾で人気を集めるインフルエンサー(インスタグラマー)をご紹介します。
彼らの活躍の場は、インスタグラムを始め、YouTubeやブログなど様々です。
ファッションコスメ料理など、様々なジャンルに特化して情報を発信しているのが特徴的です

紀卜心(@eatzzz7)


紀卜心(Kimi)さんは、現在89万人のフォロワー数を獲得している台湾で人気の女性です。
モデルやメイクアップアーティストとしても活躍しており、多くの女性から高い支持を得ています。
インスタグラムの他にも、YouTubeやFacebookのアカウントも運営し、SNSを使ったマーケティングを得意とする人物です。
多くのフォロワー数を獲得していることから爆発的に情報を拡散させることが出来ます。
男性人気も高く性別や年齢を問わず幅広いターゲットに影響を与え続けています。

YouTuberとインスタグラマーを兼任するこちらの人物は、2つのSNSを活用して効果的な発信に成功しているインフルエンサーです。
紀卜心さんは、メイクやファッションの投稿が多いのも特徴です。
コスメ好きの方やファッションに興味のある方たちから高い評価を得ているのも紀卜心さんの強みとなっています。

王君萍(@ping7446)

この投稿をInstagramで見る

王君萍(@ping7446)がシェアした投稿

王君萍さんは、100万人を超えるフォロワー数を獲得している台湾で人気のインフルエンサーです。
子育てに関する投稿も多く、インスタグラム内では可愛い子どもたちの写真を見ることが出来ます。

子育ての他にも、フランス人の旦那様とのラブラブ写真、あるいはファッションや料理など女性たちが興味を持つ投稿が多いです。
したがって、王君萍さんのライフスタイルに憧れる女性は少なくありません。
台湾でインフルエンサーとして注目を集めているだけでなく、カリスマ主婦として料理のレシピ本も発売するなど活躍の場が広がっています。

莫莉(@molly_chiang)

莫莉さんは、お笑い芸人の肩書きもある人物です。
フォロワー数は76万人と、非常に人気の高いことが分かります。
スタイル抜群の彼女は、女性たちの憧れの的となっており、ファッションやメイクを参考にする方は多いです。

現在、日本のお笑い芸人で多大な影響を与えるインフルエンサーとして活躍しています。
台湾においても同様で、お笑い芸人も情報発信の仕方など独自の感性を持っておりセンスの良さは抜群です。
彼女ならではのセンスの良さを活かしながら、積極的にSNSを使って情報を発信しているのです。

莫莉さんは、日本の人気お笑い芸人である渡辺直美さんと出演経験もあることから、少しずつ日本での知名度も上がっています。
現在はファッションインフルエンサーとして認知度を上げており、今後はますます人気が高まると予想されます。

白癡公主(@87acup)

この投稿をInstagramで見る

白癡公主(@87acup)がシェアした投稿

白癡公主さんは、インスタグラムやYouTuberとして活躍している人物です。
YouTubeのチャンネル登録者数は150万人を超えており、推定年収は530万円と推測されています。

白癡公主という名は、日本語でバカ姫という意味があります。
その名の通り、明るいキャラクターが人気を博しており、見ているだけで元気が出ると感想を寄せる方も少なくありません。
台湾では、幅広い年代から愛されるキャラクターとなっていることから、企業とのコラボ企画にも多く参加しています。
白癡公主さんの活躍の場は、SNSだけに留まらず、今後も様々なところで目に出来ることは間違いありません。

林東進(@lingin1209)

林東進さんは、フォロワー数71万人を抱える男性インスタグラマーです。
明るいキャラクターで人気を博し、インスタグラムの他にもYouTubeでのコメディ動画も話題を集めています。
面白く楽しい動画が多いのも彼が運営するSNSの特徴です。
ファンの数は年々増えて続けており、年齢や性別に関係なく多くの方に愛される人物です。

R/K/(@rkrkrk)

この投稿をInstagramで見る

R̸K̸(@rkrkrk)がシェアした投稿

R/K/さんは、インスタグラムのフォロワー数が74万人を超える、日本人フォトグラファーです。
彼のインスタグラムの投稿写真は、幻想的で美しく目を奪われるものばかりです。

日本国内の写真だけに留まらず、アジアの美しい写真を多く投稿しているのも魅力です。
彼の写真に癒やされるという方も多く、国内を問わずファンの数は増え続けています。
台湾での影響も高く、日本人同様に彼が撮影する写真の虜になる人が急増中です。

鄭茵聲(@ferrtsss)

鄭茵聲さんは、台湾で活躍するYouTuberグループの「這群人TGOP」のメンバーの一人です。
フォロワー数は約51万人と、人気の高いアカウントとなっています。

主な投稿内容は、YouTubeでの撮影に関するものや、モデルの撮影やファッションに関するものになります。
したがって、男女問わずの若い世代から人気を集めています。

吳斐莉(@wufeili)

吳斐莉さんは、YouTubeやFacebook、ブログなどの他の様々なSNSでも幅広く活躍する女性インフルエンサーです。
インスタグラムのフォロワー数は約33万人となっています。
主な投稿内容は、愛犬に関するものや、日常生活に関するもの、モデルとしての写真撮影での写真などがあります。
投稿される写真は、どれも綺麗でおしゃれに撮影されたものばかりで、多くの方から人気を集めています。

Duncan(@duncan_design)

この投稿をInstagramで見る

Duncan(@duncan_design)がシェアした投稿

Duncanさんは、数多くのイラストを投稿する男性インフルエンサーです。
イラストの他にも、日常生活に関するものも投稿されています。
フォロワー数は約140万人となっていて、非常に人気の高いアカウントとなっています。
Duncanさんは、インスタグラム以外にも、Facebook、YouTubeで活動されており、幅広く活躍されています。

Duncanさんが投稿するイラストは、どれも個性的なものばかりで、多くの方からの人気を集めています。
また、イラストに使用されるオリジナルのキャラクタ―が人気を博し、商品化されることにもなりました。

蔡阿嘎(@yga0721)

この投稿をInstagramで見る

蔡阿嘎(@yga0721)がシェアした投稿

蔡阿嘎さんは、YouTubeで非常に人気の高い男性インフルエンサーです。
インスタグラムのフォロワー数は約154万人となっていて、こちらも人気が高いです。

YouTubeではお笑いコンテンツを配信していることから、インスタグラムでも面白い投稿が多いです。
したがって、多くの方から人気を集めています。
変顔をされている投稿が多いので、言葉が分からなくても楽しむことが出来ます。

蔡常勇(@changyonggggg)

蔡常勇さんは、マレーシア出身のインフルエンサーです。
台湾出身ではないにもかかわらず、台湾で非常に人気が高い男性インフルエンサーです。
蔡常勇さんは主にYouTubeで活躍されていて、コメディーやドッキリ企画、その他さまざまなジャンルのコンテンツを発信しています。

インスタグラムのフォロワー数は約80万人となっています。
様々なジャンルについて発信することで、多くの方から人気を集めています。
また、インスタグラムでは、普段の撮影の裏側やオフショットなどが多く投稿されており、YouTubeでは見れない一面を見ることが出来ます。

台湾で人気のインフルエンサーを起用したマーケティング手法

業務を外注する(業務委託)

日本の企業が海外での知名度を上げ、新しい顧客を獲得することは一見難しいことに思えます。
しかし海外で人気のあるインフルエンサーの力を借りることで、効率良く自社を宣伝(アピール)することが出来ます。

現在、現地で人気のインフルエンサーを起用し、マーケティングを行うインフルエンサーマーケティングに注目が集まっています。
特に、親日家が多い台湾で人気を集めるインフルエンサーは、日本企業の知名度を上げることが出来るくらいの大きな影響力を持っています。
多額のコストを費やして、様々な方法で企業の宣伝を行っても、短期間で海外での認知度を上げることは至難の業です。

しかし、台湾で人気を集めているインフルエンサーは、多くの現地フォロワーを獲得していることから、台湾での情報拡散させる力を持っています。
台湾ではまだまだ知名度の低い日本の企業であっても、台湾で人気の高いインフルエンサーの力を借りることで成功率の高いマーケティング戦略に沿って情報を発信し、高い広告効果を発揮してくれます。

現在、海外で活躍するインフルエンサーの影響力を借りて、マーケティングに臨む日本の企業が増えています。
インスタグラムの他にも、

などのSNSを使って自社商品をアピールする方法が各企業で取り入れられるようになりました。
親日家が多く、流行に敏感な台湾で、人気インフルエンサーに自社商品をアピールしてもらうことで、効率良く認知度を上げられます。
また、消費者の購買意欲に繋げることが出来ます。
インフルエンサーは絶大な影響力を持っていて、拡散効果もあることから、

  • エリア(地域)
  • 年齢
  • 性別

を問わず、多くの人たちに自社の魅力を知ってもらうことが可能です。

台湾でインフルエンサーマーケティングが向いている理由

手帳と携帯とPCを使って会議をしている人の画像

インフルエンサーが発する情報は、フォロワーや消費者の共感性を得ながら違和感なく自社の宣伝(PR)をすることが出来ます。
現在、親日家が多い台湾では、賢いマーケティング手法として、インフルエンサーマーケティングに力を入れる日本企業が増えています

近年、新型コロナウイルスの影響により、以前よりもインスタグラムの利用者が増加しているのが現状です。
おうち時間が増えたことから、インスタグラムなどのSNSを閲覧する人が増え、閲覧している時間も増えました。
世界中でSNSを利用することが日常化されたことにより、認知度を上げたい企業にとって、インスタグラムは情報発信や新しい顧客を掴むための欠かせないツールとなっています。

台湾には、現在多くのインフルエンサーが存在します。
インスタグラムで情報を発信するだけで、ユーザーたちに行動や感情まで大きな影響を与え続けています。
トップインフルエンサーともなれば、100万人を超えるフォロワー数を獲得しています。
100万人を超えるフォロワーがいるインフルエンサーの場合、その多くがタレントや芸能人となります。
トップインフルエンサーは、一気に情報を拡散させる効果があり、マーケティングの成功において欠かせない存在と言えます。
また、数十万人を超えるフォロワー数を獲得しているマクロインフルエンサーであっても、十分な影響力を持っています。
インフルエンサーは企業にとって有益なサポーターになってくれることは間違いありません。

台湾で人気のインフルエンサーを起用するメリット

コルクボードに貼られた黄色い紙に書かれた光っている電球の絵

台湾の人気インフルエンサーを起用したインフルエンサーマーケティングのメリットは数多くあります。

認知度を高めれる

人気インフルエンサーを起用するメリットとして、自社ブランドの認知度を高められる点が挙げられます。
大きな影響力を持つ人気インフルエンサーに自社商品をアピールしてもらうことで、スピーディーに情報を拡散させてブランドの認知度を上げることが可能です。
また、信頼度の高い人が、実際に商品を使ったレビューや口コミをインスタグラムで発信することで、多くの消費者からの共感を得ることが出来て、購入を促すことに繋がります

ターゲットに適したインフルエンサーを起用できる

それぞれのインフルエンサーによって、ファッショングルメなど、主なジャンルに沿って情報を発信していることが多いです。
芸能人を起用してもファンはバラバラです。
インフルエンサーは、ジャンルに特化して投稿しているためフォロワーの趣味嗜好はインフルエンサーと同じなことが多いです。
したがって、企業の目的に合ったターゲットに適したマーケティングを行えるのもメリットの一つです。

コスパ良くPRできる

実際に台湾でマーケティングを行うとなると、高額な広告費用が発生します。
しかし、インスタグラムを使い、人気インフルエンサーに情報を発信してもらうことで、コストを大幅に削減することが出来ます。
また、消費者の目線に立って信憑性の高いレビューを行ってくれるため、企業の信頼を損なわずに新しい顧客獲得が実現しやすいのも嬉しい点です。

台湾のインフルエンサーを使ったマーケティングを行う注意点

ペイントが剝がれかけているオレンジの壁に描かれた注意マーク

台湾のインフルエンサーは、消費者の行動や感情に大きな影響をもたらします。
やみくもにフォロワー数だけを見て起用するインフルエンサーを選定すると、予想外なトラブルに巻き込まれることがあります。
トラブルを避けるには、それぞれの企業の目的に合わせて効果を期待出来るインフルエンサーを選ぶことが大切です。

過去の実績を確認する

まずは、過去の実績に目を向けて見てみましょう。
今までにどのような投稿を行ってきたのか、またフォロワーとのやり取りやPR投稿の実績に注目してみることを怠ってはいけません。
さらにインフルエンサーのフォロワーの属性もしっかりと目を向けておきたいところです。
性別や年代の他、どのようなジャンルに興味を持っているのかを把握したうえで、自社にとって適切なインフルエンサーを選ぶとリスクを避けられます。
インフルエンサー選びを間違えてしまうと思わぬトラブルに見舞われてしまうこともあるので注意しなければいけません。

ステマに注意する

インフルエンサーマーケティングを行う上で注意すべきことは、ステルスマーケティングに関するトラブルです。
ステルスマーケティング(ステマ)とは、お金を貰って企業の商品を宣伝する際に、宣伝であることを隠すことを指します。

現在、企業と契約を結びインフルエンサーが宣伝するケースは多くなっています。
フォロワーはインフルエンサーが企業からお金を貰っているのにもかかわらず、企業案件ということを隠して宣伝することをとても嫌がります。
これまで大きな信頼を得ていた人気インフルエンサーであっても、ステルスマーケティングが発覚した途端、炎上して一気にフォロワー数を失ってしまうといったトラブルが増えているのです。
フォロワー数が減少するだけならマシかもしれませんが、企業の信頼を失う可能性もあります。
そして、フォロワーとのトラブルは、インフルエンサーだけでなく、企業にも大きなリスクがあるので注意しなければいけません。

企業とインフルエンサーとの信用問題

台湾の人気インフルエンサーの力を借りてマーケティングを行う際には、信用できる人物であるかどうかを見極めなければいけません
いくら新日な台湾人とは言え、日本人との価値観や文化の違いがあります。
台湾のインフルエンサーを起用する際には、フォロワー数だけに目を向けるのではなく、人となりを見ることが大切です。

台湾でのSNS利用率は年々増加している

赤い矢印と黄色い棒グラフの画像

台湾で人気のインフルエンサーとコラボし、自社商品やサービスを宣伝するプロモーション戦略を行う企業が増えてきました。
台湾では全人口の約90%の人たちが何らかのSNSを利用しているというデータがあります。
もちろん、年代や性別は関係ありません。

近年、60歳を超えるシニア世代のSNSの利用率が高まっており、毎年ユーザー数は増え続けています。
台湾のSNS普及率は、韓国と同じくらいあると言われており、日本と比較しても高い数字となっています。
台湾では、100万人以上のフォロワー数を獲得するトップインフルエンサーと呼ばれる人物が数多く存在しているのをご存知でしょうか?
台湾で大きな影響力があるインフルエンサーをチェックしてみたところ、100万人以上のYouTubeチャンネル登録者数を誇る人物は60人ほどいることが分かりました。
台湾では、SNSで情報を発信する人や情報を得る人の数が年々増加しており、SNSはインフルエンサーとユーザーのコミュニケーションの場として活用されています
また、インフルエンサーとフォロワーの互いの距離が近いのも特徴です。

台湾で人気を集めるインフルエンサーの発信する情報ジャンルは、

などが多いのが特徴です。
台湾では、ポジティブな情報が求めらていることが分かります。
台湾で活躍する人気インフルエンサーが発信する内容については、リラックスして楽しめるコンテンツがとても多いです。

現在、台湾では、SNSを積極的に使って情報を発信する方が増えています。
人気インフルエンサーとして活躍するには、参入しやすいジャンルを見極めることが大切です。
現在、人気を集めているライフススタイルやグルメ、お笑いなどは、すでに需要が高く、新規参入は難しくなっています。
新たに台湾で人気インフルエンサーとして活躍するには、継続して閲覧数を増やし続けることが可能なジャンルを見極めなけばなりません

独自ブランドの商品で売り上げを上げる人がいる

100ドル札を手にもって掲げている画像

台湾で人気インフルエンサーになると、独自ブランドの商品を発売し売り上げに繋げることが出来ます。
今やSNSは、企業だけでなく個人のマーケティングの場としても使われています。
ユーザーに有益な情報を発信し、多くのファンを獲得することで、独自ブランドの商品を発売した際に、売上を伸ばし、利益を得ることも夢ではありません

現在、SNSでの情報発信の方法は様々あります。
インスタグラムやFacebookでの写真や動画を投稿する他にも、ストーリーズを使って魅力的に見る人の心を掴む戦略でマーケティングを行う企業も少なくありません。
今やSNSは世界中で多くの方が使用しているため、企業にとっては宣伝をする絶好の場となっています。
したがって、数多くの企業が、他の企業に負けないように様々な戦略で宣伝しています。

日本人インフルエンサーと台湾人インフルエンサーの違い

青い背景の上に虫眼鏡があるがそう

インフルエンサーとして活躍する人物は、台湾のみならず日本にも多く存在します。
しかし、同じインフルエンサーと言っても、台湾と日本の文化の違いにより、インフルエンサーの活動の仕方も変わってきます。
どの様な点が日本とは違うのか紹介していきます。

主な活動スタイルの違い

台湾で活躍する人気インフルエンサーと聞くと、日本人の多くは、インスタグラムやYouTubeで情報を発信し大きな影響力を与えている人物を想像します。
しかし、台湾では、インスタグラムやYouTubeよりもブログでの発信が多いのが特徴です。

特に台湾では、グルメに関する情報を発信するブログが人気を集めています。
もし、日本企業が台湾の人気インフルエンサーの力を借りてマーケティングを行うなら、まずは台湾のSNS事情についてしっかりと把握しておくことが大切です。

  • 「どのようにSNSが利用されているのか」
  • 「人気インフルエンサーの情報発信の仕方はどうしているのか」

など、日本と台湾の違いをしっかり確認しましょう。
活動スタイルの違いをしっかり確認することで、より効果的な方法でマーケティング戦略を立てることが出来ます。

インフルエンサーに対する考え方の違い

台湾と日本では、インフルエンサーに対する考え方に大きな違いがあります。
インフルエンサーと聞くと、日本では副業趣味で行っているものといったイメージがある一方で、台湾では職業として認められることも少なくありません。
台湾では、インフルエンサーの価値が高く、マーケティングにおいて高い広告効果が期待できます

台湾のインフルエンサーがSNSで情報を発信することで、企業の認知度を高められるのはもちろんのこと、消費者の購買意欲を高めることに繋がります。
しかし、情報が不確かな場合、消費者から信用されることはありません。
したがって、台湾で人気のインフルエンサーを起用して自社のアピールを行うのであれば、何よりも消費者に信用される人物に依頼することが欠かせません。
しつこい勧誘や過剰な演出が感じられるような情報発信の仕方では、消費者から信頼を得ることは難しくなります。
日本では「距離感の近さ=信用度が高い」とみなされますが、台湾では消費者から共感を得られることが大切です。

起用スタイルの違い

現在、日本の企業では台湾の人気インフルエンサーの起用機会が増えています。
しかし、「どのような形態で起用するのか」を事前に互いに理解しなければいけません。
起用スタイルは、日本とは違った考え方を持つ台湾人も多いため、トラブルを避けるために納得のいく契約を交わすことが必要です。
期間や依頼する際の金額についても、日本と台湾では考え方が大きく変わるので、台湾ならではの契約方法に目を向けてみましょう。

インスタグラムのアカンウト運用代行しませんか?
InstaCloud(インスタクラウド)_CTA
  • Instagramのアカウントを運用しているけど
    なかなかフォロワーが伸びない…
  • Instagramで集客したいけど
    任せれる人がいない…

こんなお悩みはありませんか?

アカウント運用代行業者に任せれば全て解決できます。

おすすめの記事