インフルエンサーマーケティングで バズりやすいジャンル・実例など解説!画像

インフルエンサーマーケティングで成功例が続々とでています。

最近良く耳にする「インフルエンサー」。

ユーチューバ―やSNSなど、話題の中心にいるイメージかと思います。

今や商材問わず、インフルエンサーマーケティングはマーケティングでも重要視されており、さまざまな企業もインフルエンサーによる広報に力を入れています。

しかし「インフルエンサーって何?」と聞かれると、なかなか説明が難しいもの。

この記事では、インフルエンサーの定義と、インフルエンサーマーケティングの事例をご紹介しましょう。

インフルエンサーとは?

インスタグラマー画像

「インフルエンサー(influencer)」とは、元々は「他人や社会に影響を与える人」という意味の言葉です。

WEBマーケティングの世界では、本人が発信する情報が人や社会など広範囲に影響を与える人のことを指しています。

たとえば、お笑い芸人やモデルなどの有名な芸能人や、その分野で有名な専門家、TwitterやInstagramなどのSNSでたくさんのフォロワーをもつユーザーなど、ネット上での影響力や発信力の強い人たちが主な例と言えるでしょう。

インフルエンサーの特長は、なんといっても「多くの人が身近に感じられる共感性や親和性」。

こういった人たちの影響力や発信力を利用した宣伝が、「インフルエンサーマーケティング」です。

インフルエンサーを用いたマーケティングとは?

インフルエンサーマーケティング説明画像

では、「インフルエンサーマーケティング」とはどんなものでしょうか?

インフルエンサーの影響力を活用して、自社の商品・サービスの広告宣伝を行うのがインフルエンサーマーケティング。

しかし、商品・サービスの宣伝というと、従来新聞広告やチラシ、テレビコマーシャルなどたくさんありますよね?

それとはどういった違いがあるのでしょうか?

マス広告とインフルエンサーマーケティングの違い

マス広告とインフルエンサーマーケティングの一番の違いは、広告チラシやコマーシャルでもなく身近な「好きな人」「憧れる人」が主体となって発信している情報であるという点です。

通常のテレビコマーシャルやチラシなどの広告は、製品を作って販売している企業側が主体になって発信しています。

そのため受け手である消費者には、「企業側が言いたいこと・PRしたいこと」が主になっていると感じられ、あまり親近感や信頼感を持ちづらくなってしまうことも。

その点、インフルエンサーマーケティングは、消費者側のインフルエンサーが発信しているため、親近感や信頼性が生まれやすいのです。

これが、インフルエンサーマーケティング広告の一番の特徴であると言えます。

商品の使い方・使用感などがターゲットユーザーに伝わりやすい

トップインフルエンサー画像

またインフルエンサーが実際に使用しているのを見ることで、その製品の使い方が一目で分かり、自分が使用した時のイメージも持ちやすくなります。

特にインフルエンサーには、同じ好みや趣味、興味関心を持ったフォロワーが多くいるので、よりターゲットに近い消費者に効率よく情報を届けられるというメリットも。

インフルエンサーから直接情報が入ってこなくとも、投稿をシェアしたりリツイートしたりすることによって、フォロワーのフォロワーなど、好みが似た多くのユーザーへ自然に拡散できます。

榊原
このように、興味関心のあるコミュニティの中で広まっていく情報なのでターゲットに届きやすく、身近な人の言葉のため説得力があり、普通の広告よりも絶大な信頼性が発生するため効果が出やすいのです。

インフルエンサーマーケティングで効果のある商品・サービスのジャンル

人と人の繋がり

インフルエンサーマーケティングの効果が出やすい業界・商品・サービスとは、どのようなジャンルでしょうか?

今までの成功事例などから、下記のようなジャンルは効果が出やすいと言われています。

1「毎日の料理に関わるもの」

#バズレシピ画像

料理動画やレシピ紹介系のSNSなどには、毎日の食卓に出す献立や、一人暮らしにちょうどいいレシピを探しているユーザーがフォローしている場合が多く存在します。

そのため、インフルエンサーマーケティングの効果が出やすいジャンルです。

榊原
食事は毎日のことであるため、興味関心のあるフォロワーの母数はもちろん、頻度的にも毎日何気なく見て参考にしているフォロワーが多いこともあり、いわゆる「バズりやすい」ジャンルになります。

料理のレシピや作り方を紹介している人気ユーチューバ―のほか、話題の美味しい食材を食べてみた・試してみたなどのお試しレビューまで、活用の幅がとても広く今後も可能性のある分野と言えるでしょう。

2「日常生活でよく使用する日用品」

#時短家事画像

日常生活でよく使う、または毎日の作業が楽になる便利グッズなど、「ライフハック」要素の強い情報もインフルエンサーマーケティングが有効なジャンルです。

この分野に興味・関心がある人たちは、

  • 「日々のちょっとした悩みが解決した」
  • 「これを使ったらよかった」

など、日々のちょっとしたことで生活を豊かできるものを求めています。

具体的には、日常生活でよく使うキッチン用品・調理器具、簡単に修理ができるDIY用品、毎日の掃除が楽になる掃除用品や洗剤・洗浄剤など、多岐にわたります。

特に、100円ショップの便利グッズ紹介動画などが人気です。

榊原
商品の紹介だけでなく「使ってみた」「試してみた」といった実際に使用した様子が見られることでイメージが付きやすく、自分の生活へ取り入れやすいのも人気のポイントです。

このジャンルでは、「こういうものを求めていた!」と共感でき、すぐに生活に取り入れられるコンテンツがユーザーの心を掴みやすく、

  • 「実際に使ってみたらどうだろう?」
  • 「すぐ壊れて役に立たないのでは?」

と、使用してみた感想や効果がコンテンツに入っていることが重視されます。

3「ファッション・コスメ・化粧品」

出典元:https://youtu.be/ohKWK7AUI7o

ファッションやコスメ・化粧品など、トレンド感の強いものは、人気インフルエンサーの影響がとても強いジャンルです。

上記の動画は「日本コスメティック協会認定 スキンケアマイスター」の美容系ユーチューバーの「森のニーナさん」のスキンケアに関する人気動画です。

具体的には、おしゃれなインスタグラマーのメイクやファッションコーディネートから、美容系インフルエンサーのオススメ化粧品や美容術の紹介、すっぴんからメイクする様子を写した動画などが人気です。

このジャンルで重要視されているのは、

  • 「最新のトレンドをチェックできる」
  • 「自分にあったメイクや化粧品を見つけたい」

という2つのポイント。

トレンド感の強いジャンルでは、何より「今」の情報が大切です。

新鮮な情報をすぐゲットできるインフルエンサーがとても人気なのはうなずけるでしょう。

親近感を抱けるインフルエンサーであればあるだけ吉

完璧なプロポーションのモデルより、「自分に身近な人」が発信する情報が欲しいというニーズがるため、インフルエンサーマーケティングととても親和性の高いジャンルであると言えます。

しかし、自分に似合っていメイクや着こなしでなければいくらトレンドを追いかけても意味がありません。

そのため、口コミや使用感、使い方や上手なメイクのコツなど

  • 「自分で使ったときどうだろうか?」
  • 「自分のファッションやメイクに取り入れられるものはないか?」

など、より自分に近い人の感想ややり方を見つけられるのがバズる為には重要です。

そのため、今後もこれに限らずさまざまな分野で活用されていくでしょう。

※効果の出やすいジャンルの参考として3つのジャンルをあげましたが、インフルエンサーマーケティングを用いたプロモーションやターゲットへのアプローチ方法は多岐にわたります。

インフルエンサーを用いたマーケティングの事例

業務を外注する(業務委託)

インフルエンサーを用いたマーケティングには2つのタイプがあります。

  1. 消費者に自然に話題にしてもらうタイプ
  2. 企業側が企画を立て話題性を作るタイプ

前者は「自然発生型」、後者は「仕掛け型」と呼ばれます。

  • 自然発生型とは
    自然に消費者の間で話題が発生する現象を利用するマーケティング手法
  • 仕掛け型とは
    企業が積極的に口コミが増えるように誘導するマーケティング手法

この2つは完全に切り離されているわけではなく、両方の特長を同時に利用したり、時間の経過によって使い分けたりするものととらえたほうがよいでしょう。

榊原
たとえば、最初は企業が積極的に話題作りをした「仕掛け型」だったとしても、その後は企画があるごとに既存ユーザーが話題にしてどんどん拡散していくという「自然発生型」に切り替わることもあります。

では、このタイプ別に成功事例をいくつか見ていきましょう。

1「自然発生型」の事例

コメント画像

まずは、「自然発生型」のインフルエンサーマーケティング成功事例を紹介します。

該当される方は参考にしてください。

1「はなまるうどん(ダイオウイカ天)のマーケティング事例」

ダイオウイカ天企画画像

大手うどんチェーンの「はなまるうどん」が、エイプリルフール企画として行ったマーケティングです。

4月1日のエイプリルフールの日に、「18mの巨大”ダイオウイカ天ぷら” を新発売」という嘘ニュースを発表。

当時話題になっていた巨大ダイオウイカを天ぷらにして販売、というインパクトもさながら、お値段も8万7000円と信憑性のある金額で、「朝獲れしか使わない」などの素材へのこだわりも見せる広報の仕方で話題になりました。

SNSのリツイートによる拡散を起点にテレビやWEBニュースなどで掲載され、結果、アクセス数が通常の約24倍に増加したとのこと。

エイプリルフール企画なので実際には販売されていない商品ですが、消費者が自ら話題にして自然に波及していくという「自然発生型」タイプのマーケティングとしては成功した事例と言えます。

2「AKB48(東京ドームコンサートタイトル募集)のマーケティング事例」

東京ドームコンサートタイトル募集画像

人気アイドルグループのAKB48のマーケティングは、「すべてのメンバーがすべてのファンとつながる」をテーマに人気投票などファンの参加型イベントが比較的たくさんあります。

元々企業が働きかけて話題を起こし、その後はファンたちがイベント発表があるごとに拡散するという自然発生型のマーケティングが浸透している分野です。

この事例もその一つ。

榊原
こちらの企画は、東京ドームコンサートのタイトルをファンから募集するというキャンペーン。
企業が一方的に決めるのではなく、ファンたちがコンサートタイトルを決められるという参加型キャンペーンで話題になりました。

メール・FAX以外にも公式LINEなどのSNSと、さまざまな媒体で募集を受け付けたところ、17万超の応募が集まったとのこと。

アイドルは遠い存在ではなく自分たちが応援して支えるという、「自分の事」に捉えてもらう意識や目線の切り替えが息の長い成功の秘訣でしょう。

2「仕掛け型」の事例

チームで円陣を組む

それでは「仕掛け型」のインフルエンサーマーケティング成功事例を紹介します。

該当される方は参考にしてください。

1「吉本興業×シャープ(シャープPR-1グランプリ)のマーケティング事例」

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=KgcGEF11D5I&t=18s

大手家電メーカーのシャープが吉本興業とタイアップして行ったインフルエンサーマーケティング事例です。

榊原
吉本興業のお笑い芸人という強力なインフルエンサーの起用、動画・SNSといったWEB媒体から劇場・店頭といったリアルの宣伝まで幅広く連動させた広報など、インフルエンサーだけでなくさまざまな媒体やシーンを利用した大型プロモーションです。

吉本興業の芸人の中でも、家電に詳しい芸人を「シャープ版家電芸人」とネーミング。

彼らに自社製品を面白楽しく紹介するプレゼンをしてもらい、M-1グランプリのように「シャープ版家電芸人」の一位を決めるコンテストを行いました。

方法としては、全国の吉本興業のイベントや舞台で活躍する芸人をピックアップし、それぞれ好きなシャープ製品をコント形式で紹介。

予選で勝ち抜いた4組のコントを動画配信し、閲覧者の投票によって優勝者を決定するというやり方で話題になりました。

「消費者の人気投票で優勝者を決定できる」という消費者が参加できるタイプ企画であったため、自然発生的に話題にもなり、自然発生型・仕掛け型両方のタイプの特長を活かした事例であるとも言えます。

2「料理研究家リュウジ×エバラ食品「料理研究家リュウジのバズレシピ|黄金の味で作る麻婆豆腐がマジで旨すぎた【黄金麻婆豆腐】」」

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=dR0ItAfrmuI&t=4s

人気料理研究家・リュウジさんとエバラ食品がタイアップしたマーケティング事例です。

こちらも、企業が人気のあるインフルエンサーを起用して成功した事例です。

元々簡単に作れるけど美味しい「バズレシピ」で、主婦を初め一人暮らしの若者からも幅広く支持を得ていたリュウジさん。

以前にも企業と度々コラボレーションし、企業の製品を使ったリュウジ風レシピを紹介し、

  • Twitterフォロワー:178万人
  • YouTube登録者数:175万人
  • TikTok登録:3万人

と注目を集めています。

エバラ食品では、代表的な定番商品の『黄金の味』を使用したレシピを紹介。

麻婆豆腐のレシピ動画は、2週間の間に約15万回の再生回数、高評価も2500超を記録し、世間から大きな関心を集めました。

インフルエンサーマーケティングのメリット

口コミ評価画像

上記でも紹介してきましたが、話題性のあるインフルエンサーマーケティング。

では、インフルエンサーを起用したマーケティングのメリットは何でしょうか?

最初の項でも述べましたが、下記の3つがメリットとしてあげられるでしょう。

1「消費者と同じ目線で発信してもらえる」

LOVE画像

メーカーや企業は自社の商品・サービスの良さを一番良く知っている立場です。

しかし作った側がいくら語っても、いわゆる「親ばかの宣伝」にしかなりません。

  • 「本当に良いの?」
  • 「大げさに言っているんじゃないか?」

と消費者は懐疑的に見てしまうのです。

その点、消費者側であるインフルエンサーから商品・サービスを紹介すると、どうなるでしょうか?

その商品のターゲットとより近い消費者の目線で商品・サービスの用途や使い勝手、効果といったものを発信してもらえます。

特にインフルエンサー自身の意見やアイデア、表現で伝えてくれるため、押し付けがましさや宣伝色が薄まりリアリティが生まれます。

リアリティが生まれることで、拒否感を持たれにくくなる効果が期待できるのです。

また、インフルエンサーが実際に使用している様子を見ることで、実際の使用感や自分が使っているイメージが強まり、生活に取り入れたいと購買意欲が高まりやすくなります。

榊原
普段からインフルエンサーの情報発信を参考にしていたり楽しんでいるユーザーにとっては、インフルエンサーの「おすすめ」は信頼性もあり、自分と同じ立場の消費者のレビューとしてすっと受け入れやすい情報になるのです。

2「興味関心のあるターゲットに効率よく情報を届けられる」

ペルソナ設定画像

インフルエンサーは普段から影響力ある情報や意見を発信しており、そのため多くのファンやフォロワーがいます。

インフルエンサーのフォロワーは主にその分野に興味・関心をもつユーザーであり、そのまたフォロワーも似たような趣味趣向のユーザーが多く、同じ傾向のユーザーがコミュニティとなり繋がっています。

榊原
つまり、影響力のあるインフルエンサーに発信してもらうだけで、同じ関心を持つユーザーたちに向けて、次々と効率的に情報を発信できるのです。

このため、仮に企業の自社アカウントで発信した情報がターゲット層に届かなくても、インフルエンサーマーケティングなら効率的にリーチでき、抜けもれが少なくなります。

また、人気のあるインフルエンサーは普段からSNSのタイムラインに上位表示されやすく、フォロワー以外のユーザーの目にもとまりやすいようになっています。

というのも、一度発信した情報がたくさんのフォロワーに「いいね」を押されたりリツイートされたりしていくため、タイムラインの話題の上位に上がりやすいのです。

そのため、それまで興味関心がない層にも届きやすく、新規開拓の効果も期待できます。

3「さまざまな施策やキャンペーンを展開できる」

アンバサダー活動画像

商品の特性に合わせてさまざまな施策やキャンペーンが展開できるのも、インフルエンサーマーケティングのメリットです。

柔軟性のある手法・リアルタイムで発信など、テレビコマーシャルやチラシではなかなかできない施策を、商品・サービスに合わせて幅広く展開できるという特徴があります。

たとえば、YouTube一つをとっても、さまざまな方法が考えられます。

  • ギフティング施策
    インフルエンサーに自社商品を体験してもらい使い勝手や感想を投稿してもらう方法
  • アンバサダー施策
    インフルエンサーと一定期間に契約し、自社のさまざまな商品・サービスの魅力を発信し続けてもらう方法
  • ライブコマース施策
    ライブ動画によって、インフルエンサーがリアルタイムで消費者からの質問に答えたりする方法

これだけでなく、TwitterやInstagramなどのSNSとの連携など、商品・サービスの特性や情報を届けたいターゲット層に合わせて、施策を考えることが可能です。

    また、企画から発信までの速度が速く、より「今」の情報を届けやすいという速さも魅力。

    このような柔軟性と情報の速さが、今までにないメリットとして注目されています。

    インフルエンサーマーケティングのデメリット

    要注意

    さて、とても有効なマーケティングの手法としてインフルエンサーマーケティングを紹介してきましたが、デメリットはどんなところでしょうか?

    1「ステルスマーケティングと認知されやすい」

    一番気を付けるべきなのは、消費者に「ステルスマーケティング」と認知されやすいマーケティング手法です。

    「ステルスマーケティング」とは、本当は企業の宣伝行為であるのに、消費者にはそれとわからないように宣伝する手法で、モラルに反するとされている行為です。

    いわゆる「ヤラセ」や「サクラ」といったような宣伝方法と似たやり方になります。

    先にも述べましたが、インフルエンサーマーケティングの強みは、「消費者に身近な人の言葉で情報に信頼性が発生する」という点です。

    それを根底から覆してしまうため、万が一「ステルスマーケティングだ!」と認知されてしまうと、一気に信頼性が無くなってしまいます。

    最悪通常のマーケティングよりも、逆効果になってしまうことも。

    これを避けるためには、インフルエンサーの投稿が企業の宣伝である「#PR」ということをしっかり明記しましょう。

    2「ネットで炎上しやすい」

    炎上のイメージ

    インフルエンサーマーケティングは影響力や拡散力が強いので、その反面一度でも炎上してしまうと瞬く間に広まってしまいます。

    さらに似たような分野へ興味・関心のあるユーザーへのリーチが素早い分、一度炎上してしまうとしばらくターゲット層からの人気や信頼性が激減しますので、ダメージがとても大きいでしょう。

    企業宣伝であることを明記するほかにも、公序良俗や不快な表現を避けるなど、従来の広告より表現にも気を付けて発信する必要があります。

    消費者目線で実施することが重要

    企業主体の宣伝から、消費者のニーズに共感を得る宣伝に信用性や共感性が高まっている今、「インフルエンサーマーケティング」はとても有効なマーケティング手法として注目されています。

    さまざまな企業や団体で「インフルエンサーマーケティング」で成功した事例も多く、今後も増えていくと考えられます。

    メリット・デメリット、ジャンルやターゲットをよく見極めて、その商品・サービスに最適なマーケティングを行いましょう。

    この記事を読んだ方にオススメな記事

    おすすめの記事