ECサイトの集客ならインフルエンサーマーケティングがおすすめ!

目次

ECサイト・ネットショップで要となるものとは?

今まではお店に行かないと買えない商品も、今ではネットショップで気軽に購入できる時代です。

店舗はお客様に来店してもらわないといけないため、売れる数にも限りがあります。

一方ECサイト(ネットショップ)を上手に活用できれば、店舗までわざわざ来てもらわなくても全国どこから注文ができ今まで以上に多くの方に購入してもらえます。

ただし、同じようなことを考えて出店している店舗は多いので、いかに自分達のお店を皆に知ってもらうかが勝負です。

こちらでは上手にインフルエンサーを活用した事例を交えてコツを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

インフルエンサーってどんな人?

インフルエンサーの種類と特徴(トップインフルエンサー・マクロインフルエンサー・マイクロインフルエンサー・ナノインフルエンサー)

インフルエンサーとは、世間に与える影響力が大きい行動を行う人物のことを指します。

ネットでSNSをチェックしている人は大変多く、インフルエンサーはこの見ている人達(フォロワーなど)に大きな影響を与える力を持っています。

インフルエンサーはフォロワー数の多さでランクが分かれており、

  • トップ/メガインフルエンサー
    フォロワー数100万人以上
  • マクロ/パワーインフルエンサー
    フォロワー数10万〜100万人
  • マイクロインフルエンサー
    フォロワー数1万〜10万人
  • ナノインフルエンサー
    フォロワー数1万人未満

と呼ばれています。

「この人が商品をいいと言っているのだから間違いない。」と感じ、影響を受けて購入する方も多数います。

商品と何の関係もない芸能人に宣伝してもらうよりも、年代ターゲット層にぴったり当てはまるインフルエンサーに協力してもらった方が売れ行きが上がります。

人気のユーチューバーやインスタグラマーなどは、芸能人や有名モデルが宣伝するのと同様大きな影響を与えています。

ECサイトで大切にしなければならないこととは?

左上を指差している男性サラリーマン

自社の商品に興味を持ってもらい素敵だと思ってもらうのも大切ですが、商品を購入してもらい満足しリピートしてもらうことが重要です。

どんなに宣伝をしても、「こんな商品があるんだ。」というところで終わってしまうと、それ以上の話に発展していきません。

「もっとこの商品をサイトで詳しく見たい」「今すぐにでも欲しい」というところまで気持ちを運ばなければならないのです。

そのためには、まず自社のECサイトがあることをより多くの方に知ってもらう必要があります。

SNSを活用して自社のECサイトを広めたい時にはやらなければいけないことが多数あることを覚えておきましょう。

既にインフルエンサーと組んでマーケティングを行っている企業がある

業務を外注する(業務委託)

InstagramやYouTubeなどのSNSを活用することで、自社の商品の売れ行きも変わってくることが分かり、積極的にインフルエンサーに頼んでマーケティングを利用している企業が増えています。

インフルエンサーとコラボ商品を作ったり、インフルエンサーをアンバサダーに就任して商品の宣伝を行ったり、インフルエンサーに広告費を渡して商品のPRをしてもらったりと様々な方法でインフルエンサーを起用しています。

インフルエンサーがユーザー目線で上手に商品を紹介してくれるため、集客増加に効果があります。

人気のインフルエンサーが実際にブランドの服や小物を持って、どのように日常で使うといいのか詳しく説明するだけでユーザーが持った時のイメージがつきやすく安心して購入できるのです。

全く知らないブランドや商品名だとしても、フォローしているインフルエンサーが丁寧にレポートしてくれているだけで警戒することなく購入に至りやすいです。

なぜなら、フォローしているインフルエンサーを信頼しているからです。

インフルエンサーマーケティングを行うならどのSNSがおすすめ?

SNSアプリの代表格のインスタグラム(Instagram)

最近ではさまざまなSNSが出ていますが、ユーザー数の多いメジャーなSNSを選びましょう。

マイナーなSNSで宣伝をしても、なかなか購入まで至りません。

さらにターゲットにしたい年代にも注目をし、若い人しかいないようなSNSで中高年向けの商品を宣伝しても意味がないので気をつけましょう。

どの年代でもある一定の人達が見ているのは、Instagram、YouTube、Twitter、Facebookになります。

また、日本国内ならLINEもおすすめです。

中でも中高年向けに宣伝したい時には、Facebookがオススメです。

しかし、Facebookはここで挙げた他のSNSに比べて、実名登録が多くインフルエンサーがあまりいないSNSになります。

効率的にインフルエンサーにお願いをしたい時には、Instagram、YouTube、Twitterを選びましょう。

インフルエンサーマーケティング会社に依頼すれば楽ちん

会社と組織

知識なくインフルエンサーマーケティングを行おうとしても難しいです。

まず初めはインフルエンサーマーケティング会社に依頼することをおすすめします。

どうしても費用はかかってしまいますが、プロに依頼してしまった方がコスパ良く、集客に成功する確率が高いです。

インフルエンサーマーケティングにかかる費用は以下の記事で詳しく解説しています。

インフルエンサーマーケティングを自社で行うとすると、自社でインフルエンサーをリストアップして、オファー出して、広告の文面を考えたり、広告素材を用意したり、投稿された内容をチェックしたり、支払いしたりとすることがたくさんありますし、インフルエンサーの管理が大変です。

集客に失敗することもありますし、インフルエンサーとトラブルになってしまうこともあります。

おすすめのインフルエンサーマーケティング会社は以下の記事でまとめていますので参考にして下さい。

Instagramで自社の宣伝をする基本

Instagram画像

自社に興味を持ってもらい、商品が気になったらすぐにECサイトへ見に来て欲しいと思うのではないでしょうか。

その際にInstagram(インスタグラム)では、自社のECサイトへ直接来てもらえるようなURLのリンクを設定できません。

自社を宣伝する際にフィードへ簡単にURLを設定できれば問題ないのですが、それ以外の方法を考えなければならないのです。

いくつか方法はあり、まずはフィードを投稿する際にメンションやタグをつけてそこから自分達のページに来てもらいそこからECサイトに来てもらえます。

自社のInstagramのアカウントの中では様々なプロフィールを設定できますので、ECサイトへの訪問へ促しやすくなります。

もしURLを付けたいのであれば、ストーリーズ投稿の場合、ハイライト(アーカイブ)を利用して長く表示させることも可能です。

何気なくストーリーズを見て商品が気になったら、そのURLを見て直接ユーザーはECサイトへいけます。

より自社の商品を知ってほしい、見に着けているイメージ使用している雰囲気を詳しく知ってもらいたいという時には、ライブ配信(インスタライブ)がオススメです。

商品を細かく見せられますし、そのままECサイトを紹介も可能です。

短い紹介や数枚の写真では分かりにくいような場合、効果的に宣伝でき売り上げを伸ばせます。

見ている人が楽しめるようなレビューをしてくれるインフルエンサーが良い

料理の写真をスマホで撮影

人は何かに共感するとその人や物に親しみを感じ、特別なものとして欲しくなりやすいです。

見ている人が「この商品を使ったら今使用しているものよりも楽しくなりそう。自分に合っていそう。」と思ってくれると自社の商品に興味を持ってくれる可能性がグンと伸びます。

一言だけでキャッチフレーズを使い印象に残すのも大切ですが、逆に使用感などを丁寧にレビューしてくれるというのも大事です。

短い説明や文章では伝わらない点も多く、思わず惹き込まれて読んでしまうような詳しいレビューをしてもらいましょう。

もし写真や絵なども上手に取り入れられるインフルエンサーの場合、文章ばかりでは分かりにくくなってしまうため目で見てパっと分かるように積極的に利用してもらいましょう。

Instagramの場合画像にもタグつけができますので、気になった時にはクリックしてもらえるようにタグをつけてもらうと効果的です。

プロフィールの中にはURLを載せてもらい、Instagramを見て欲しいと思った人が簡単に購入画面へ行けるようなURLもつけましょう。

キャンペーンも一緒に併用して紹介してもらう!

価値と金額・料金のバランス(価格競争)

ユーザーに人気の高いインフルエンサーに商品のPRをしてもらうだけでもある程度見てもらえますが、キャンペーンもつけてお得さをアピールするとさらに効果的です。

人は何かを購入する時に、お得となると「今買わなければ損をしてしまうかもしれない・・・」という心理が働き購買行動を促すことに繋がります。

それを活かし、今でないとお得に試して使ってみることができないという雰囲気を出した魅力的なキャンペーンも一緒に行いましょう。

ユーザーは好きなインフルエンサーが利用しているだけでなく、魅力的なクーポンや割引、ポイントプレゼントを見てさらに興味を持ちます。

プロフィールの中にすぐECサイトが見られるURLを載せてもらえれば、欲しいという購入意欲を高く持ったままユーザーも買えます。

限りなくユーザー目線のInstagramは人気が高い

カフェでコーヒを飲みながらスマホを触る女性

もし業者のPRで書かれているとしても、何か言わされているっぽい感じがあればユーザーは見向きもしません。

わざとらしさや疑いたくなるような文章だと、なんか嘘くさいと思ってしまいECサイトまで見てくれないのです。

売りたいというのを前面的に出した文章レビューではなく、消費者目線で時にはデメリットなども正直に伝えてくれているものが好まれます。

商品にデメリットがあったとしても、こういった時にはこうすればいいというような対策方法が一緒に載っているとなお、いいでしょう。

中には様々な商品を実際に使って、消費者目線でレビューしてくれているインフルエンサーもいて分かりやすく正直なコメントを出してくれているため人気を博しています。

言葉なども分かりやすさを意識し、さらに動画や写真なども見せながらどんな商品かが分かりやすいよう上手に伝えています。

簡単に購入できるようショッピング機能も取り入れよう

ECサイト

いくつか商品がある場合、ショッピング機能(ショップナウ)を取り入れるだけで欲しい商品をユーザーが見つけやすくなります。

「この商品欲しい!」と思っても、どこのページに自分の欲しい商品があるのか分からないと困ってしまいます。

ショッピング機能(ShopNow)は製品をカタログで表示させてくれますので、自分の欲しい商品を選びやすくなるメリットがあります。

色々検索してやっと商品を見つけるというのは面倒になりやすいため、即欲しいものがクリックできて購入できるような仕組み作りはしておきましょう。

インフルエンサーに協力してもらいストーリーズにURLをつけてもらう

人々のイラスト

自社だけでなくインフルエンサーにお願いすると、様々な箇所に自社のECサイトへつながるURLをつけてもらえます。

Instagramの中で自社のアカウントへのURLへすぐに行けるようにもしてもらますし、インフルエンサーは人気なためフォロワー数もある程度います。

実は自社のURLをストーリーズに載せたいと思っても、ある一定の人数がいないと付けたくても付けられません。

まだフォロワー数も多くなくURLをつけたストーリーズをしたいと思ってもできないという場合は、インフルエンサーにお願いをしてもいいでしょう。

そうすれば自社のInstagramのアカウントへ誘導しなくても、そのままURLを載せられるためそこから気になった人が購入してくれます。

効率よく売り上げを上げられるようになるため、非常にオススメです。

YouTubeでの効率的な戦略方法の基本

youyubeのロゴ

Instagram同様、YouTubeは様々な世代の方が見ていてYouTube(ユーチューブ)で宣伝しないはもったないSNSの一つです。

特にインフルエンサーと呼ばれる方にお願いすると、動画の中で商品を楽しくおしゃれに使ってくれて良さを上手にアピールしてくれます。

どのような形でアピールすると効果的かというと、自社の商品を使ってもらっている動画の概要欄にURLリンクを設定するという方法です。

他にも「こんな風に使えるんですよー。」と動画の中でアピールしている画面の下に、自社のECサイトへ直接行けるURLリンクをつけたカードを表示するのもオススメです。

動画を見ながらURLをチェックしてくれて、そのまま購入へとつなげられます。

YouTubeの中ではライブ配信も人気で、事前に撮影された訳ではなくそのままライブで見られるため新鮮さがあります。

ユーチューブで自社の商品を良い部分も少し惜しい点なども包み隠さずアピールしてもらえれば、商品がどのようなものか分かり安心して購入してもらいやすくなるのです。

ECサイトへの誘導も上手に行えれば、売り上げアップへと繋がります。

ユーザーの心を掴む丁寧なインフルエンサーはオススメ

youtuber(ユーチューバー)の撮影の様子

普段から人気があり、絶大な信頼を得ているインフルエンサーに紹介してもらえると売り上げがグンとアップします。

思ったままに丁寧な解説をしてもらえると、本当に自分が使用した時も使いこなせる商品かが分かります。

パッケージなどがかわいい見た目が素敵と感じても、ユーザーは使い心地が分からないと安心して購入しにくいものです。

ユーザーの心を掴むためにも、忖度がなくしっかりと丁寧で分かりやすい動画を配信してくれるインフルエンサーは頼りになります。

売り場に行かなくても、動画を見ているだけで自分にぴったりな商品だと伝われば自宅から躊躇なく購入してくれる人が増えます。

欲しいと思ってもどこから購入したらいいのか分からないというのはストレスになってしまうため、すぐにURLが分かるように概要欄には詳細のページやECサイトのリンクをつけておきましょう。

ユーザーも迷うことなく、クリックして購入しやすくなります。

どんな人に向いていてどういった製品かが分かりやすいことも重要

花びらとスマホ

YouTubeでは自分なりに商品を自由に紹介できますが、紹介する側だけが分かっていればいい訳ではありません。

見ている側が分かりやすく、安心してこれならネットで購入できると思ってもらわなければならないのです。

不安を感じてしまい結局お店に行って詳しい話を聞いて・・・と思われてしまうと、そのうち忘れられ購入まで至らない人が増えてしまいます。

パっとYouTubeを何分か見ただけなのに、非常に商品のことが理解でき自分にぴったりだから今買わなければいけないと思わせる力が大切です。

インフルエンサーに選ぶのであれば、過去の動画なども丁寧でユーザー目線になっているか、分かりやすさがあるのかは見ておきましょう。

ターゲットを誰にするかでもインフルエンサー選びは重要

ペルソナは具体的に設定すべき

インフルエンサーを選定する前に、ターゲットとなる顧客層を明確にしておきましょう。

顧客を明確化するには、ペルソナを具体的に設定すべきです。

ペルソナを設定して、顧客にマッチするインフルエンサーを選定しましょう。

人気のあるインフルエンサーでも化粧品に強く若いユーザーのファンが多い場合や、アウトドアが好きで同じような趣味を持っているユーザーが多いのかでも、自社の商品の良さがどう伝わっていくのか変わっていきます。

商品が化粧品やヘアケアなどであれば、女性のコスメ好きのファンが多いインフルエンサーを選び、さらに過去にどのようなPRをしているのかも参考にするようにしましょう。

企業から見ても、伝える力が素晴らしく丁寧で「この人に任せたい。」という人が見えて来るはずです。

そういった方にインフルエンサーとして、お願いするようにしましょう。

項目ごとに細かく宣伝してもらおう

スマホを触る女性

一連の流れで様々なことをアピールしてもらう時に、どこからどこまでが同じカテゴリーか分からないと見ていても分かりにくく感じてしまいます。

細かく項目毎に分けてアピールしてもらうだけでも、流れが分かりやすくユーザーにも喜ばれます。

さらに一つひとつの項目をしっかりと丁寧に説明してくれていると、人によって一番知りたかった点なども取りこぼすことなく解説できるためオススメです。

URLのリンクも、ECサイトの他にもぜひ訪問にし来てほしいものはすべて取り入れてみましょう。

商品によってはより専門的な分野のものもあり、この場合専門的な知識の視点でコメントされているとファンのユーザーは分かりやすく購入を検討しやすくなります。

インフルエンサーに頼む際には、そのような点も上手に取り入れてもらいましょう。

Twitterで宣伝する際の基本とは?

ECサイトをより様々な人に知ってもらい商品を購入してほしいという時には、Twitter(ツイッター)も見逃せません。

Twitterも様々な年代の方が利用していますので、ターゲットのなるユーザーの登録が多そうだと思った時には上手に活用しましょう。

ツイッターの強みは拡散力です。

気軽にフォロワー拡散できる「リツイート」機能があるため、SNSの中で最も拡散力があります。

どんな風に集客していくと効果が出やすいかというと、Twitterの中で自社のECサイトのリンクを設置しつつ商品の紹介がオススメです。

他にもツリー機能を上手に使い、ユーザーがすぐに購入しやすいようにECサイトのURLを追加したり、画像で分かりやすく説明したりするのもいいでしょう。

より多くの人に知ってもらうために、リツイートでさらに拡散してもらうというのもオススメです。

文字はあまり多く書けなくても、色々工夫すればTwitterの中で自社の宣伝ができ集客へとつながります。

何かイベントを開催する時にも宣伝しやすい

スマホとツイッター(Twitter)

よく見てもらえるインフルエンサーにTwitterを使ってアピールしてもらえれば、より多くの人に自社のECサイトを知ってもらいやすくなります。

URLのリンクも設置し、誘導できるように宣伝してみましょう。

インフルエンサーにお願いする場合、一人ではなく複数の人に宣伝してもらうのもアリです。

特に何かイベントを大きく開催したい場合、その日までにより多くの人に知ってもらうことが重要です。

一人でもファンをたくさん持っているインフルエンサーですが、何人かの人に頼むとさらにより多くの人に広められます。

写真撮影が上手なインフルエンサーは集客力が強い

綺麗な景色の写真をスマホで撮る様子

どんなに素敵な商品でも写真からその良さが伝わってこないと、なんとなく良いものかもしれないけど、今一歩購入したいという気持ちまで持ってこられないでしょう。

しかし、美味しそうな食べ物だと感じさせる写真や、商品を見に着けたらそれほどまでに魅力的になれるんだと感じられればユーザーの興味を上手に惹きます。

魅力的な写真・動画から欲しいという気持ちにさせて、ECサイトへスムーズに訪れてくれます。

PRをする場合、リプライツイートにECサイトへの誘導をするとどこから購入したらいいのか分からなくなりスムーズです。

アピールの仕方として、インフルエンサーの人と一緒に自社でも力も入れて宣伝しているというのを前面に出す方法もあります。

いかにも自社の宣伝をしているという雰囲気は出てしまいますが、興味を持ってくれた方が逆にお店と直接交流しやすくもなるのです。

インフルエンサーの写真やコメントをきっかけに、その企業を応援したいと言う気持ちで直接アカウントに来てくれる方も増え集客にもつなげられます。

絵や漫画でのアピールは強い!

イラストレーターはSNSで少数派

いまいち文章だけでは簡単に説明だけをしていてよく分からないという場合も、パッと見て分かりやすい漫画があると一気にどんなものかが分かります。

どのSNSでの紹介でも、文章だけでは弱くなってしまいます。

Twitterでも上手に絵や漫画にして商品の良さをアピールしているものは、より多くの人の心を掴んでみられているのでオススメです。

どういったシチュエーションでどんな風に使うといいなどというのが、絵を見ただけで分かるような書き方をしていると「なるほど!」となり購買意欲を高めてくれます。

Twitterの場合、4枚の画像を一気に表示できるため、1ツイートの中で4コマ漫画のようにしてもいいですし、分かりやすくさまざまな絵で良さをアピールしてもいいでしょう。

アピールをする際にTwitterの中では良さを伝えるのに限りがありますので、詳しく他にまとめたものをすぐにクリックして見られるようにURLのリンクを準備するのもオススメです。

さらに詳しく見たいという方も、購買意欲など熱を持った状態で商品を見に行けます。

まとめ

ECサイトで売り上げアップするには、自社のサイトをより多くの人に知ってもらい購入してもらわなければいけません。

そのためにも、まずは自社や商品について多くの人に認知してもらう必要があり、SNSやインフルエンサーを上手に活用した方がより多くの人に見てもらえます。

文章だけでなく写真や動画、絵なども活用してアピールをし、ターゲットに合ったインフルエンサー選びをして集客しましょう。

おすすめの記事