ECサイト+SNS連動させるメリット・キャンペーン成功事例・売上UP方法を解説!

ECサイトにとって、SNSの運用は今後重要なものになってくるでしょう。

ECサイトもSNSも今後まだまだ伸びていくといわれており、だからこそこの2つを上手く活用したキャンペーンやマーケティングが非常に重要になっているのです。

既に大手のECサイトがSNSを使ったキャンペーンで大成功をおさめた実例はたくさんありますので、その部分から学ぶことも重要になってくるはずです。

今回は、ECサイトのSNSキャンペーンの具体的な事例も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

ECサイトでSNSを活用したキャンペーンを行う趣旨

競合他社画像

ECサイトを運営して場合キャンペーンを打ち出す目的として、

  • 売上UP
  • 認知・知名度UP

が主になってくるでしょう。

売上に関しても、キャンペーンを実施した際の短期的な売上アップは当たり前ですが、長期的な売上の確保までできれば最高ですよね。

ここからは、ECサイトとSNSを掛け合わせてキャンペーン施策を行うことで得られるメリットを解説します。

認知・知名度アップを見込める

コメント画像

まずECサイトで様々なキャンペーンを繰り返し実施することで、サイトを知らなかったユーザーにもサービスやブランドを認知するきっかけになります。

認知施策を実施する場合、

  • 運用方広告
  • TV・雑誌等のマス広告
  • SNSマーケティング

など様々なメディアなどを活用し広報活動を行うのが一般的な施策です。

また認知施策を実施することで、既存客へのアプローチはもちろんの事、新規顧客へのアプローチも可能になってきます。

施策段階で購入にならなくとも、一度認知される事で購入までのハードルが下がるので、認知施策を継続して行うことで購入してくれる可能性が格段に上がります。

榊原
そこで認知施策とキャンペーン施策を掛け合わせることで、あなたの商品やサービスに興味があるユーザーに対しダイレクトにアプローチすることが可能になってきます。

長期的な利益の確保を見込める

売上の推移_グラフ

ECサイト運営者がSNSを活用したキャンペーン実施することで、ショット的な売上アップに効果的です。

さらにやり方次第では、長期的な利益を見込める様になります。

具体的な例は、ECサイトとショッピング機能が付いたInstagramなどのSNSを連動させることで、

  • フォロワーの確保
  • いいね!やコメントによる信憑性の確保
  • 商品の紹介

などが可能になります。

時には、厳しいコメントもありますがしっかりと対応することで、サイト自体の評価をあげることができるので、更なる顧客獲得に繋がるでしょう。

SNSの情報を商品購入の決め手にするユーザーが多くなった

インフルエンサーマーケティング説明画像

SNSキャンペーンが企業の間で重要だと認識されるようになった背景には、SNSの情報を参考にして、商品の購入を決めるユーザーが多くなったことも関係しているでしょう。

SNSを受けて、商品を購入するユーザーは、とても多くなってきていて、一昔前ならあまり考えられなかったことではないでしょうか。

このようなことから、SNSを制したECサイトが、これからの時代を勝ち残っていくといえるでしょう。

ECサイトとSNSを連携させるメリット

相乗効果画像

上記ではECサイトではECサイトでSNSを活用したキャンペーン施策を実施する趣旨を解説してきました。

ここからはECサイトとSNSを連携させるメリットについて解説します。

効果的なキャンペーンを実施するなら、ECサイトとSNSを連携させるメリットを確認しておくことは重要です。

SNSは無料で情報を発信することが可能

Instagram企業アカウントプロフィール画像

出典元:https://www.instagram.com/snkrdunk/

SNSを活用する大きなメリットは、誰でも無料で情報を発信できる点にあります。

これは個人はもちろんなのですが、企業にとっても例外ではありません。

広告に使える予算は無限ではありませんので、無料で情報を発信できるというSNSの利点は企業にとっても大きなものではないでしょうか。

商品やサービスなどを理解してもらえる

インスタグラムビジネスアカウント画像

出典元:https://www.instagram.com/myproteinjp/

無料で情報を発信できるので、商品やサービスを紹介する投稿をすることでECサイトの認知を広められるメリットがあります。

SNSを有効活用できれば、自社商品を広めることは容易になってきます。

また企業理念やブランドのイメージといった事柄をSNSの投稿に載せて発信することも可能です。

ECサイトへの流入が見込める

EC流入導線画像

また、ECサイトへの流入を狙えるというのもメリットの一つだといえるでしょう。

具体的には、SNS上に自社サイトのリンクを掲載することによって、そこからの流入を狙うことが可能です。

また、SNS自体をECサイトのように構築することも可能で、そこから自然なかたちでの流入を狙えます。

ファンとコミュニケーションを取ることで育成が可能

ファンとコミュニケーションを取ることで育成できるというのもSNSのメリットになります。

SNSという世界は、企業とユーザーの距離がかなり近いといえるでしょう。

ユーザーも実際にそういった気持ちでやり取りをすることになります。

企業とユーザーの距離が近いことは、それだけファンを育成するのには向いているのです。

具体的にはコメントやDMなどコミュニケーションを重ねることによって、ファンを育成していくことになるでしょう。

榊原
企業とユーザーでコメントのやり取りをし、ユーザーにとってメリットの大きな情報を提供し続けるのも、コミュニケーションの一環といえるでしょう。

拡散性を最大限に活用することが可能

また、SNSの特性をもろに利用したメリットもあります。

それがSNSの持っている拡散性を最大限に利用できるという点です。

SNSの拡散性には凄まじいものがありますので、上手く利用できれば、一気に商品やサービスの認知度を高められるのです。

SNSでキャンペーン施策を打ち出す前の下準備

指差し棒でチェック(check)を指さす

ECサイトにおけるSNSキャンペーンの事例を確認する前に、まずはECサイトのSNSの使い方を理解するとよいでしょう。

まずは、基本であるSNSのアカウントを最大限に使えるようになりましょう。

これは一般のユーザーもやっていることで、これを有効活用できるようにならなければ、SNSキャンペーンの打ち出しは難しいです。

ここからはSNSでキャンペーン施策を打ち出すまでに準備しておくべき項目を解説します。

1「ビジネスアカウントへ移行しておく」

InstagramやFacebookなどで企業アカウントを運用する場合、個人アカウントからビジネスアカウント(プロアカウント)へ移行しておきましょう。

ビジネスアカウントへ移行することで、

  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 住所
  • 公式ウェブサイト

などをプロフィールに載せられるので、ユーザーから直接問い合わせを受けられやすい環境になります。

また個人アカウントからビジネスアカウントへの移行は無料で行えます。

ビジネスアカウントに移行することでできる詳しい項目は以下の記事で確認してください。

「SNSのプロフィールにECサイトのリンクを埋め込む」

ZARAインスタ画像

出典元:https://www.instagram.com/zara/

上記はZARAのInstagramの公式アカウントになりますが、プロフィールに

  • ECサイトへのURL
  • 「ショップを見る」のアクションボタン

などが設置されています。

榊原
まだ企業のECサイトのリンクをSNSのプロフィールページにリンクしていないという場合は、初歩的なミスを犯してしまっているので、すぐにリンクを掲載するようにしましょう。

3「新商品・SALE情報・イベント情報は随時投稿していく」

マークスタイラーインスタ画像

出典元:https://www.instagram.com/mercuryduo_com/

また、魅力的なセールがあったり、新商品が発売されたり、イベントがあったりする場合には、SNSを使って情報を発信しましょう。

SNSアカウントというのは、自社の広報部といった意味合いもありますので、有益な情報があれば、どんどんユーザーに向けて発信するのがよいでしょう。

榊原
この有益な情報を継続的に発信するというのがSNS運用の基本になってきますし、最も重要なことであるともいえるでしょう。

4「SNS内の広告配信を実施する」

インスタグラム広告説明画像

さらに、一方進んだ使い方としては、SNSが独自に採用している広告配信をするというものです。

各SNSには、企業が利用することを想定したシステムが導入されていて、その一つが広告システムだといえるでしょう。

この広告システムを有効活用すうことによって、ECサイトは効果的なマーケティングを実践できるのです。

また、SNS広告の魅力は、SNSがこれまで培ってきたビッグデータを踏まえたうえで、ターゲットを絞った広告配信が行えるというものです。

大手SNSがこれまで集めてきたビッグデータは、膨大なもので、さまざまなコンテンツの中でもトップクラスの精度を誇るといえるかもしれません。

なぜならば、今や国民のほとんどが何らかのSNSを利用しているという時代だからです。

そういったデータを利用した上で、広告配信ができるのは大きな魅力だといえるでしょう。

榊原
さらに、SNSの広告は、こういった精度の高いビッグデータを利用できるのにもかかわらずに、低予算での利用が可能という点もメリットになります。
中小企業でも問題なく利用できるレベルの広告費になっていますので、有効活用しないのはもったいないといえるでしょう。

キャンペーンの効果を最大化する為の項目

KPI(Key Performance Indicators:重要業績評価指標 )

SNSで実施できるキャンペーンは様々な方法があって、企業の目的によってキャンペーン内容も異なってきます。

しかし重要なことは、ただ単にSNSでキャンペーンを打ち出せば確実に

  • 売上UP
  • フォロワー増

などが見込めるわけでもありません。

ECサイトのサイト構築同様、

  • アカウントの構築
  • ターゲティング
  • 分析

などが必須です。

1「ターゲットを選定する」

ペルソナ設定画像

まずはどの層をターゲティングしたキャンペーンなのか明確にしてください。

  • 既存顧客やフォロワーに向けたキャンペーンなのか
  • 新規顧客獲得を目的としたキャンペーンなのか

など、目的によってキャンペーン内容が異なってきます。

榊原
ターゲット層を明確にする為にペルソナ設定し、そのターゲットが興味・関心を把握した後、どんなキャンペーン内容なら効果的かブレインストーミングをしていきましょう。

2「実施する時間・日程・期間を決める」

アンバサダー活動画像

ターゲットによって頻繁に活動する時間帯は異なります。

ターゲットとなるユーザー層に合わせてアクセスしやすい時間帯を選定しましょう。

さらにキャンペーンを実施する曜日や告知時間なども効果を最大化する為には細かく決める必要があります。

榊原
例えば、20〜30代をターゲットとする際は、10時〜17時頃だと働いてる方が大半なのでアクセスが減ります。
その様な事態を把握した上でキャンペーンの告知時間を決めましょう。

3「キャンペーン内容を明確にする」

鉛筆を持って驚くメガネ女子

キャンペーン内容は、施策で狙いたいターゲット層に合わせて決定させましょう。

例えば、

  • 既存顧客を優良顧客へ育てる場合
    └「メルマガ会員のみにキャンペーン概要を提示しない」
  • 若年層の新規顧客獲得の場合
    └「フォロー&いいね!で抽選でamazonカードプレゼント」

など、ターゲット層のユーザーが興味関心を抱く訴求方法を追求しましょう。

SNSを使ったキャンペーンの事例について

チームで円陣を組む

SNSの使ったキャンペーンの事例にはいくつかあります。

自社の商品やサービスに合わせてキャンペーン方法を選定していきましょう。

インフルエンサーを活用したキャンペーン

インスタグラマー画像

代表的なのはインフルエンサーを利用したマーケティングになるでしょう。

インフルエンサーとは、SNS上で影響力の強いアカウントを指し、そのアカウントに自社の商品やサービスを紹介してもらうのです。

榊原
非常に即効性のあるマーケティング方法になっていて、影響力が強くさらに商品やサービスと属性が合致したインフルエンサーを選べれば、すぐに何らかの効果を発揮してくれるでしょう。

インフルエンサーくらいの影響力があれば、フォロワーの行動に大きな影響を与えることも可能なのです。

大好きなインフルエンサーが何らかのファッションをすれば、フォロワーもそのファッションを真似るといったように、絶大な影響力を誇っているのです。

SNSのLIVE配信機能を活用したキャンペーン

ライブイベントの様子

SNSを使ったキャンペーンにはライブコマースというものもあります。

ライブコマースというのは、ライブ配信を利用したキャンペーンになっていて、商品やサービスに関連したライブ配信をすることによって、購入を促したり、認知を促したりするというものです。

また、ライブコマースの大きな特徴としては、ユーザーとコミュニケーションをしながら商品を紹介できるというものです。

通販番組の場合は、基本的に紹介する側が一方的に商品を紹介していくことになります。

榊原
しかし、ライブコマースの場合は、ライブの最中に紹介する側と視聴者がコミュニケーションを取れるので、疑問があれば、都度解消してもらいながら進めていけるのです。

通販番組などと比べると、ユーザーの満足度がまるで違ってきますので、それだけ購買につながる可能性も高まるでしょう。

また、ライブコマースがきっかけでファンになってくれるユーザーも増えるはずです。

さらに、場合によってはライブコマースと、インフルエンサーを組み合わせることもできます。

ライブコマースの会場に、インフルエンサーを呼んで、商品やサービスについて意見をもらったり、実際にインフルエンサーが紹介するという方法もあります。

ライブコマースとインフルエンサーを組み合わせることによって、相乗効果を得られますので、かなりの効果を期待できるでしょう。

大手企業がInstagramを利用したSNSキャンペーン成功事例

インスタグラム(Instagram)のハッシュタグ

Instagramを利用したSNSキャンペーンは多くの企業が実施しています。

そして、これまでに成功をおさめたキャンペーンも数多くあるといえるでしょう。

また、InstagramにはECサイトととても相性のよい「ショッピング機能」というものがあります。

これはInstagramでビジネスアカウントを取得することによって利用できるのです。

「お、ねだん以上。」ニトリInstagram公式アカウントの成功事例

ニトリインスタ公式アカウント画像

出典元:https://www.instagram.com/nitori_official/

具体的にInstagramを利用しての成功事例としては、「お、ねだん以上。」ニトリ公式アカウントのキャンペーンがあるでしょう。

ニトリは、SNSキャンペーンを積極的に行っている企業になっていますが、特にInstagramには力を入れているのです。

フォロワー数は100万人を超えていて、その影響力はかなりのものになっているといえるでしょう。

また、ニトリといえば、一般人が手軽に家具を購入する際に利用するお店です。

こういった点もSNSとニトリの相性がよいことにつながっているといえます。

「ショッピング機能」を有効活用

ショッピングタグ画像

ニトリの場合は、「ショッピング機能」を活用したキャンペーンを実施していて、Instagramで自社の商品を紹介しつつ、そのまま自社の運営するECサイトに誘導しています。

とても自然なかたちで誘導しているので、ユーザーが違和感を覚えることなく、ニトリの通販サイトに行くことが可能です。

「ショッピングタグ」を有効活用

ニトリ投稿画像

また、ニトリのキャンペーン方法で見本にすべきは「ショッピングタグ」でしょう。

とても上手な「ショッピングタグ」の使い方をしていて、投稿に「ショッピングタグ」を埋め込み、より自然なかたちでECサイトにユーザーを誘導できるようにしているのです。

榊原
InstagramをSNSキャンペーンとして利用する場合の注意点としては、投稿にリンクを設定できないようになっている点です。
そのため、その他のSNSとは違い、ショッピングタグなどを有効活用することによって、ECサイトに誘導する必要があります。

ニトリはこの点を上手に活用したといえるでしょう。

大手企業がFacebookを利用したSNSキャンペーン成功事例

Facebook画像

Facebookは、どのようなSNSキャンペーンとも相性のよいサービスだといえるでしょう。

豊富な機能が備わっていて、世界中の利用者も多くなっています。

また、Instagramと同じように「ショップ機能」がありますし、Facebookのアカウントページは、とても柔軟性に富んでいます。

榊原
「ページ機能」を利用できれば、企業向けにページをカスタマイズすることが可能なので、より違和感なく、ECサイトにユーザーを誘導できるようになるといえるでしょう。

また、Facebookの大きな特徴として、実名登録が推奨されているSNSになりますので、ビッグデータの精度が高いというメリットがあります。

Facebookには、各ユーザーのかなり詳細なデータが蓄積されていますので、そのデータに基づいた投稿できれば、かなりの利益を得られるのではないでしょうか。

さらに、そんなビッグデータを有効活用した広告配信にも対応していますので、この点はその他のSNSでは決して得られない独自のメリットだといえます。

「イトーヨーカドー」Facebook公式アカウントの成功事例

イトーヨーカドーFacebook画像

出典元:https://www.facebook.com/itoyokado

Facebookを活用したキャンペーン事例としては、イトーヨーカドーが実施したキャンペーンがあります。

イトーヨーカドーのFacebookページを確認してみると、自社の広報として上手に利用していることがわかります。

おすすめ情報・キャンペーン情報を随時投稿

イトーヨーカドーFacebook投稿画像

具体的には、ユーザーへのおすすめ情報が積極的に配信されているのです。

キャンペーン情報が配信されることもありますし、新商品があれば、その情報が配信されます。

イトーヨーカドーのことなら、Facebookページを確認すれば問題ないとユーザーが理解しているからこそ、これだけ人気のアカウントになったといえるでしょう。

お得な情報がFacebookに記載されていることによって、そのままECサイトへの流入が狙えます

このように、イトーヨーカドーのSNSキャンペーンの使い方は、とても堅実的な使い方をしているといえるでしょう。

榊原
それだけに地道な効果を期待できます。
SNSキャンペーンは、イトーヨーカドーの使い方のように基本を踏まえることも重要になってきますので、しっかりと参考にしたいところです。

「ネット通販限定」キャンペーンを有効活用

イトーヨーカドーFacebook投稿画像

さらに、イトーヨーカドーの上手いところは、SNSキャンペーンを最大限に活かすために、「ネット通販限定」を効果的に使っていることです。

こうすることによって必然的にECサイトへの流入を増やせますので、とても上手い方法だといえるのではないでしょうか。

Twitterを利用したSNSキャンペーン

これからECサイトのSNSキャンペーンを考えるなら、Twitterも見逃せないSNSだといえるでしょう。

Twitterの投稿は、140文字という制限があるのでより簡略化されたものになっています。

また「リツイート機能」による抜群の拡散力も見逃せない要素といえるのではないでしょうか。

「UNIQLO」Twitter公式アカウントの成功事例

ユニクロTwitterアカウント画像

出典元:https://twitter.com/UNIQLO_JP

Twitterを利用したキャンペーンとしては、ユニクロが非常に上手いことで知られています。

ユニクロは、Twitterでの情報発信にかなり力を入れています。

また、ユニクロの商品にはトレンド商品が多数ありますし、Twitterのユーザーにもたくさんいる若い層に向けた商品も多いです。

そのため、そもそもユニクロとTwitterは相性がよいといえるのです。

トレンドアイテムを写真付きでツイート

ユニクロツイート画像

ユニクロの投稿を確認してみると、写真を有効活用していることがわかります。

Twitterには文字制限がありますので、文章によるアプローチには限界があります。

また、ファッション関連の商品は、あまり文章による紹介との相性がよくないといえるでしょう。

そこで、ユニクロは写真を最大限に活用したわかりやすい情報発信をするようになったのです。

トレンドアイテムをどんどんTwitterで写真付の投稿をしています。

WEBチラシも添付してツイート

ユニクロWEBチラシ画像

さらに、写真だけではなく、WEBチラシもTwitterに添付して投稿しています。

商品が集約されたWEBチラシならば、情報量も豊富なので、Twitterの弱点を上手くカバーしているといえるでしょう。

人気キャラクターとのコラボ

ユニクロコラボ商品ツイート画像

さらに、ユニクロはその知名度を最大限に活かして、人気キャラクターとのコラボなども実施しています。

その際にはコラボキャラクターのイラストを添付したりと、こうした積極的なTwitterの活用が功を奏して、ユニクロの売り上げに貢献してくれているのです。

ユニクロのTwitter活用事例を確認してみると、Twitterの特性をよく把握して有効活用しているともいえるでしょう。

LINEを利用したSNSキャンペーン

LINEアイコン画像

LINEもSNSキャンペーンに利用できます。

LINEも今となっては欠かせないコミュニケーションツールといえるでしょう。

そんなLINE上でキャンペーンを実施することは、企業にとってとても大きな意義があります。

LINEには、企業がSNSキャンペーンをする際に便利な機能が備わっています。

それが「LINE公式アカウント」と呼ばれるものになっていて、LINEと連携することによって、さまざまな情報を発信できるようになっているのです。

また、LINEの場合はその利用者数の多さを武器にできる点が強いです。

LINEは、スマホやパソコン、テレビ並に必須ツールになっている部分があって、それだけ影響力も強くなっています。

「楽天市場」LINE公式アカウントの成功事例

楽天市場LINE公式アカウント画像

出典元:https://www.rakuten.co.jp/

LINEを有効活用したキャンペーン事例としては、楽天市場のケースがあるでしょう。

楽天市場は、LINEを少し変わった方法で活用しており、それが自社の提供するポイントサービスと連動させたキャンペーンになっているのです。

つまり、LINEを利用すれば、楽天のポイントが貯まるというサービスを提供しています。

このポイントプレゼント企画は、とてもユーザーに好評なサービスです。

また、楽天市場は日本でも有数のポイントシステムを構築しているサービスになりますので、これは楽天市場だからできる方法だといえるでしょう。

このようにLINEでは、企業アカウントを作成することによって、オリジナリティのあるキャンペーンを実施できます。

自社の強みが反映されるようなキャンペーンを実施できれば、集客効果を高められるでしょう。

ポイントキャンペーン×イメージキャラクターのコラボ

LINEと楽天コラボ画像

さらに、楽天市場の上手いところは、ポイントキャンペーンに上手くイメージキャラクターを交えていることです。

イメージキャラクターやイラストを使った戦略というのは、SNSキャンペーンととても相性がよい方法になっています。

SNSからイメージキャラクターが一気に有名になるケースも多いので、こういったキャラクターを設定してのキャンペーンも見本にすべきでしょう。

かわいらしいキャラクターが表示されているだけで、ユーザーに親近感を与えられますのでファンになってもらえる可能性が高くなるのです。

TikTokを利用したSNSキャンペーン

TikTok画像

ECサイトがSNSキャンペーンをするのならば、TikTokを有効活用する方法もあります。

TikTokも急激にユーザー数を伸ばしてきた見逃せないツールになっています。

榊原
TikTokのユーザー層は、圧倒的に10代から20代といった若者が多いので、若者に対して商品をアピールしたい場合には、ぴったりのプラットフォームだといえるでしょう。

さらに、TikTokの特徴としては、短いショートムービーが主流のSNSです。

Instagramは写真が中心のSNS。

Twitterは短文、そしてTikTokは動画が中心なのです。

このように使い分けできますので、その特徴を把握した上で、上手に利用したいところです。

「wego」officialアカウントの成功事例

wego-officialティックトック画像

出典元:https://www.tiktok.com/@wego_official?lang=ja-JP

TikTokを活用したSNSキャンペーン事例としては、wegoのキャンペーンがあるでしょう。

こちらのブランドは、ティーン層に向けたファッションブランドを提供するサービスになっています。

そのため、動画を使ってアプローチできるTikTokと非常に相性のよい企業だといえるでしょう。

自社商品のコーディネート動画を投稿

@wego_officialメッシュニットにロゴTがセットになったお得なバリューアイテム。ルーズなニットは様々なアイテムでレイヤードが楽しめるので毎日のスタイリングの幅が広がりますよ!夏には一枚でロゴTが着用出来るので、春夏楽しめるマンネリしないアイテムです♪#W#EGO ##ィゴー#レ#ディースファッション ##回し♬ FUNNY FRACTAL FRIDAY – Bitonal Landscape


やはり、使い方としては自社のファッションアイテムを使ったものになっていて、おすすめコーディネートを紹介したり、素敵なBGMの中、商品を紹介したりしています。

TikTokのもっている強みを上手く使った配信方法といえるでしょう。

まとめ

まず、EC市場はこれまでも伸びてきた実績がありますが、今後も伸びていくと予測されています。

そして、SNSも同様に伸びてきているので、今後はSNSとECサイトを上手く組み合わせることが重要になってくるのです。

この記事を読んだ方にオススメな記事

 

おすすめの記事