InstagramとTwitterの連携方法!同時投稿やIFTTT機能を使いこなそう画像

InstagramとTwitterを連携すれば効果が上がる

Instagram×Twitter×IFTTT画像

InstagramもTwitterも人気のSNSプラットフォームであり、すでに企業がWEBマーケティングに活用するメディアとしても確立されています。

この二つ、どちらを運用するかという話ではなく、双方を並走させながらうまく連携していくことが重要だと言えるでしょう。

特にビジュアルをメインに訴求するInstagramと、テキストをメインに訴求するTwitterとは非常に相性のよい組み合わせです。

双方が補完し合う関係を築けますし、企業の情報拡散の仕組みをより立体的に構築することが可能となります。

どちらも世界に多くのアクティブユーザーを持ち、日々の生活に溶け込んでいる点もメリットです。

それぞれの機能の特徴を活かし、より便利に利用するためには何ができるかを熟知する必要があります。

この記事では、もっとも簡単な方法であるリンクの貼り付けから、同時投稿や「IFTTT(イフト)」アプリの活用についてまとめて解説します。

InstagramとTwitterはどう使い分ける?

SNS画像

まずInstagramとTwitterを使い分けるために、双方がそれぞれどういった特徴をもつかをあらためておさらいしておきましょう。

一目瞭然なのは、Instagramがビジュアル、Twitterがテキストをコンテンツとするプラットフォームだということです。

もちろんメインではありませんがInstagramでもキャプションとしてテキストはつけられますし、Twitterでも写真をつけることは可能です。

榊原
ただユーザーが何のためにそれぞれのプラットフォームを使うのか目的がはっきりと分かれていますし、SNSにおいてしっかりとした棲み分けがなされていることは明白でしょう。

Instagramはハッシュタグを活用した検索「タグる」

Instagramロゴ画像

また近年、Instagramは「タグる」という言葉からもわかるように、自分が知りたいもの、探したいものを検索するソースとしても使われるようになりました。

見つけたいもの、イメージするものをハッシュタグ(#)で検索し、その中から自分の好む世界観を探し出すというあらたな使い方が主流となりつつあります。

Twitterは最新の話題情報を収集

一方でTwitterは、自分の知らない最新の話題を知るために使用するのが主流です。

今世の中では何が話題になっているのか、どんなことで盛り上がっているのか情報を収集するために使用し、アンテナとして機能するようになっています。

榊原
つまりInstagramには普遍の価値を求め、Twitterにはリアルタイムのトレンドを求めるユーザーが多く集まるとも言えるでしょう。
企業がプロモーションを仕掛けるなら、そうした使われ方を熟知したうえで、それぞれのユーザーにリーチする情報の出し方見せ方を企画する必要があります。

ユーザー属性の違い

もっとも意識すべきなのは、InstagramとTwitterそれぞれのユーザー属性の違いです。

年齢や性別、興味などに相違があり、両方を運用する際にも異なる見せ方が求められます。

もちろん、InstagramもTwitterもどちらも利用して楽しんでいるユーザーもいますが、より好んで利用するプラットフォームはどちらかに分かれるでしょう。

榊原
企業としては目的や商材によってどちらか一方を選択するという方法もありますが、パイを広げる意味では双方に響く出し方を工夫し、より拡散性を狙うことが理想です。

InstagramとTwitterの連携方法

相乗効果画像

それではInstagramとTwitterをどのように連携するか、具体的な手法についてまとめていきましょう。

いくつかありますが、状況に応じて複数の選択できます。

「TwitterプロフィールにInstagramリンクを貼り付ける」

TwitterにInstagramリンク埋め込み画像

もっとも手軽な方法が、TwitterアカウントのプロフィールにInstagramのリンクを設定することです。

TwitterのプロフィールにInstagramのアカウントをリンクさせるには、以下のステップとなります。

  • ステップ1 :Twitterのプロフィール画面を表示
  • ステップ2 :右上の「変更」ボタンをタップ
  • ステップ3 :WEB欄の「WEBサイトを追加」をタップ
  • ステップ4 :InstagramアカウントのURLを入力
    ※InstagramのアカウントURLは、「Instagram.com/(ユーザーネーム)」となります。
  • 右上の「保存」ボタンをタップで完了

プロフィールの文章中にURLを書き込むこともできますが、文字数制限があるため紹介文に影響がない場合に利用しましょう。

「写真を同時投稿する設定をする」

Instagramの投稿と連携してTwitterにも同時投稿する設定があります。

ここではInstagramのアプリに標準で搭載されている設定を紹介します。

  • ステップ1
    :Instagramのプロフィール画面を表示
  • ステップ2
    :メニューをタップし設定から「アカウント」をタップ
  • ステップ3
    :オプション画面で「リンク済みアカウント」をタップ
  • ステップ4
    :リンク済みアカウントの中から「Twitter」をタップ
  • ステップ5
    :TwitterのIDとパスワードを入力し「認証」をタップ

以上です。

同時投稿された画像や動画はリンク形式になってしまう

ただし、この連携でTwitterへ投稿された画像や動画は、リンクの形になってしまうのが欠点です。

つまりTwitterから内容を見る場合はリンクにアクセスしないと見られません。

そのままTwitterの画面で内容を閲覧できれば魅力的なのですが、現在のところそれは不可能な仕様です。

サービス連携アプリ「IFTTT(イフト)」を活用する

IFTTTホーム画像

出典元:https://ifttt.com/

Instagram標準アプリでは、Twitterと本当の意味で連携できないと感じているユーザーは少なくありません。

そこで役立つのがサービスを連携させる「IFTTT(イフト)」です。

IFTTTはWEBサービス同士を自動的に連携させられるWEBサービスアプリであり、InstagramとTwitterもより理想的に連携できます。

アプリのダウンロードも含めてすべて無料で、世界中のプラットフォームユーザーが高く評価する実績あるアプリです。

check!「IFTTT」をApp Storeでダウンロード

榊原
Applet(アプレット)と呼ばれるレシピを作ることで、指示どおりの決まったアクションをさせられます。
また、InstagramとTwitterの連携は求める人が非常に多いため、すでに便利なAppletが登録されていて、それを選ぶだけで実行可能です。

IFTTTを使ってInstagramとTwitterの写真を同時投稿する設定方法

IFTTT設定画像

ここからはInstagramとTwitterに写真を同時投稿する方法を紹介しましょう。

まずIFTTTのアカウントを作成するところからスタートしましょう。

IFTTTの設定手順
  1. IFTTTをインストール
    └App StoreかGooglePlayからダウンロードしてインストールします。
    check!「IFTTT」をApp Storeでダウンロード
    check!「IFTTT」をGoogle Play でダウンロード
  2. サインアップ
    └IFTTTを起動し「sign up」をタップすると、メールアドレスとパスワードの入力画面になります。
    GoogleもしくはFacebookアカウントを利用できます。
  3. IFTTTのAppletを検索
    └IFTTTはさまざまなWEBサービスを連携させるアプリなので、機能の中からInstagramとTwitterの連携に合致するAppletを探す必要があります。
    Appletは自分で一から作ることもできるのですが、InstagramとTwitterの連携ならすでにたくさんのAppletが登録されていますので、検索でおすすめのAppletを探すほうが早いでしょう。
    IFTTTアプリの右上にある「虫眼鏡マーク」をタップすると検索画面になるので、そこで入力欄に
    「Instagram Twitter」と入力
    してください。
  4. 「Turn on」をタップしログインと連携認証
    └Appletを選び、それぞれにログインして連携を許可すれば設定完了です。

設定が完了したらInstagramからテスト投稿

指差し棒でチェック(check)を指さす

設定が終わったらInstagramに画像を投稿し、Twitterで確認してみてください。

IFTTTでは、Instagramに投稿した画像がTwitterでもそのまま写真つき投稿として表示されます。

標準設定のようにリンクのみがテキストで貼り付けられるのではなく、ビジュアルがわかるのでもっとも理想的な連携と言えるでしょう。

IFTTTを利用すればInstagramの標準設定は必要ありませんので、アプリ連携は外しておきましょう。

InstagramとTwitterの連携する注意事項

要注意

InstagramとTwitterを完全に連携する際に、何か気をつけるべきことはあるのでしょうか。

投稿自体にはさほど問題はありませんし、内容が適切であれば特別注意を払う必要はありません。

ただ企業がWEBマーケティングとして活用するなら、ただ闇雲に連携すればよいわけではないでしょう。

ターゲットとなるユーザー層のアクセス時間に合わせて投稿する

ターゲット画像

目的はなんなのか、それぞれのプラットフォームに何を求めてアカウントを運用するのか、そもそもの根幹を忘れることはできません。

SNSは毎日定期的な投稿を継続することが重要であり、企業担当者が片手間におこなえるほど容易な作業ではありません。

労力を削減するためだけに安易な連携をしがちですが、先に述べたようにInstagramとTwitterでは文化が異なります。

ユーザー属性も違えば使われ方も違うため、それぞれのメインターゲットがアクセスする時間帯が大きくズレる場合も少なくありません。

面倒だからと、同じ記事を同じタイミングでただ投稿していれば反応を得られるわけではありませんし、どちらかで評価されても一方ではまったく見向きもされない場合もあります。

榊原
できる限り更新の労力を省きたいのは事実ですが、自動連携に頼るばかりではなく、それぞれのプラットフォームに合わせて工夫する努力は必要です。

ハッシュタグ(#)に注意

インスタグラム(Instagram)のハッシュタグ

IFTTTでInstagramとTwitterを連携する際、キャプションにハッシュタグ(#)をつけすぎるとTwitter側でエラーになる事例があります

キャプションが長すぎるとリスクがあるので、Instagramで140文字を超えるようなキャプションは避け、ハッシュタグを減らすようにしましょう。

そもそもInstagramで集客できるハッシュタグとTwitterのハッシュタグとでは、その性質が大きく異なります。

同時投稿は人的コストの削減には大いに役立ちますが、最終的にはどちらに軸足を置くか、意識したうえで投稿仕分けることが重要だと言えます。

この記事を読んだ方にオススメな記事

おすすめの記事