インスタグラム広告の種類別画像サイズと課金方法について解説!

インスタグラム広告のそれぞれの画像サイズ

インスタCTAボタン画像

Instagram広告には、

  1. 写真広告
  2. 動画広告
  3. カルーセル広告
  4. ストーリーズ広告

など異なる広告配置が存在します。

広告の費用対効果を最大化するには、次の画像サイズ等の推奨事項と要件をご留意する必要があります。

これから広告の出稿を企画している広告主のために、広告のサイズをまとめておきましょう。

規定や価格、種類などにより、どのような効果を狙えるのでしょうか。

バリエーションは4つあり、それぞれ規定サイズが決まっています。

1「写真広告の推奨サイズ」

Instagram写真広告画像

Instagramの写真広告は、1枚写真で出稿します。

使用できるのは以下のとおりです。

>正方形
└最小解像度: 600 x 500ピクセル
└最大解像度: 1,936 x 1,936ピクセル

>横型
└最小解像度: 600 x 315ピクセル
└最大解像度: 1,936 x 1,936ピクセル

>縦長
└最小解像度: 600 x 750ピクセル
└最大解像度: 1,936 x 1,936ピクセル

写真広告仕様
  • 【推奨】
    └画像アスペクト比1:1
    └画像サイズ:1080 x 1080ピクセル
  • 【使用可能】
    └スクエア(1:1)
    └横長(1.91:1)
    └縦長(4:5)
  • 画像サイズ
    :最小解像度
    └スクエア 600×600ピクセル
    └横長 600×315ピクセル
    └縦長 600×750ピクセル:最大解像度
    └1936×1936ピクセル
  • ファイルタイプ
    └.jpg
    └.png
  • 最大サイズ
    └30MB

2「動画広告の推奨サイズ」

Instagram動画広告画像

Instagramの動画広告は最大30秒の動画を出稿できます。

使用できるのは以下のとおりです。

>動画サイズ
動画ファイルの最大サイズは4GBです。
フィードで表示できる動画広告の長さは最大120秒です。

>キャプションの長さ
Instagram広告のキャプションは画像の下に表示されます。
2,200文字まで含めることができます。

>アスペクト比
Instagram広告のアスペクト比はフォーマットによって異なります。
└正方形 - 1:1
└横型 - 1.91:1
└縦型 - 4:5

動画広告仕様

【推奨】
└アスペクト比1:1

  • 動画
    └H.264圧縮方式
    └ハイプロファイル推奨
    └正方画素
    └固定フレームレート
    └プログレッシブスキャン
  • 形式
    └(.MP4)
  • オーディオ
    └ステレオAACオーディオ圧縮、128kbps以上

【使用可能】

  • アスペクト比
    └スクエア(1:1)
    └横長(1.91:1)
    └縦長(4:5)
  • 最小解像度
    └スクエア 600×600ピクセル
    └横長 600×315ピクセル
    └縦長 600×750ピクセル
  • 長さ
    └最小値なし~最長60秒

【対応しているファイル形式】

  • 動画コーデック
    └H.264、VP8
  • 音声コーデック
    └AAC、Vorbis
  • 最大サイズ
    └4GB
  • フレームレート
    └最大30fps
  • ビットレート
    └上限なし
    (ファイルサイズが1GB以内、2パスエンコード)

3「カルーセル広告の推奨サイズ」

Instagramカルーセル広告画像

Instagramのカルーセル広告は複数画像をカルーセル表示します。

ただしサイズはスクエアのみとなります。

>カルーセルカードの数(最小): 2
>カルーセルカードの数(最大): 3 (ストーリーズ)、10 (フィード)
>アスペクト比: 1:1 (フィード)、9:16 (ストーリーズ)
>アスペクト比の比率許容誤差: 1%
>解像度:1080 x 1080ピクセル(フィード)
└1080 x 1920ピクセル(ストーリーズ)
>画像のファイルフォーマット: .jpg、.png
>画像の最大ファイルサイズ: 30MB
>動画の長さ: 60秒以内(フィード)、15秒以内(ストーリーズ)
>動画の最大ファイルサイズ: 4GB

カルーセル広告仕様
  • 【推奨】
    └画像サイズ1080×1080ピクセル
  • 【使用可能】
    └カード点数:最小2~最大10
  • アスペクト比
    └1:1
  • 最小解像度
    └600×600ピクセル
  • 最大解像度
    └1080×1080ピクセル
  • ファイルタイプ
    └.jpg、.png
  • 最大サイズ
    └30MB/1枚

4「ストーリー広告の推奨サイズ」

Instagramストーリーズ広告画像

Instagramのストーリーズ広告はストーリーズ内で表示できます。

表示のされ方は、縦長の画像か動画になります。

フィードの写真と動画のすべてのサイズがサポートされるようになりました(1:91から4:5まで)。

>ファイルタイプ
└.mp4または.mov (動画)
└.jpgまたは.png (写真)

>最大ファイルサイズ
└4GB (動画)
└30MB (写真)

>動画の再生時間
└最大: 120秒
デフォルトでは、画像は5秒間表示されます

>ディメンション
└推奨解像度: 1,080 x 1,920
└最小: 600 x 1,067

>対応コーデック
└動画: H.264、VP8
└音声: AAC、Vorbis

ストーリーズ広告仕様
  • 【画像】
    └画像サイズ1080×1920ピクセル
    └画像比9:16
  • 【動画】
    └解像度:最低720ピクセル
  • アスペクト
    └9:16
  • ファイルタイプ
    └MOV、.MP4、.GIF
  • サイズ
    └3 GB

インスタグラム広告の費用はサイズで決まらない

インスタグラム広告メニュー画面

通常の広告出稿ではサイズによって費用が変わるイメージがありますが、インスタグラムの場合サイズでは決まりません。

インスタグラムの広告出稿では目的によって金額が変動し、

  • 認知の拡大施策
  • コンバージョン獲得施策

が大きな二つの軸となります。

認知施策の主な目的

認知獲得を狙うなら、ある程度まとまった予算を組んで、できるだけ多くのターゲットユーザーに訴求しなければなりません。

企画によって金額は変わりますが、最低でも月額数十万円の費用がかかるのが一般的です。

コンバージョン施策の主な目的

コンバージョンの獲得が目的なら、比較的予算を絞った企画が可能です。

多くの場合、キャンペーンへ応募を募ったり、アプリをインストールしてもらったりすることで比較的低予算でも成り立ちます。

費用対効果を最大化させるのはサイズではなく、どのような手法を使うかですので、サイズについては都度、最適で最高のパフォーマンスを出せるものを選びましょう。

4つのInstagram広告の課金方法

インスタ広告予算管理画像

インスタグラムの場合、4つの課金方法があります。

  1. CPM
    └インプレッション数で発生
  2. CPC
    └広告クリックで発生
  3. CPI
    └アプリインストールで発生
  4. 動画
    └10秒以上の動画再生で発生)

です。

それでは各広告メニューの料金相場を詳しく見ていきましょう。

あくまで以下の金額は目安となるので参考程度にしてください。

1「CPMの費用:1リーチあたり0.5〜1円」

CPM解説画像

CPM広告」は、インプレッション数に応じた課金方法で、カウントされるのは広告がユーザーのフィードに表示された回数となります。

つまり、広告がフィード上に1,000回表示されると、広告費用を支払うことになります。

2「CPCの費用:1タップあたり40〜100円」

CPC解説画像

「CPC広告」は、広告がタップされるたびに料金が発生しますので、逆に言えばタップされない限り費用はかかりません。

当然、リンク先として設定するのは自社のサイトやアプリのダウンロードサイトですので、ユーザーを誘導できた成果として課金されると言えます。

3「CPIの費用:1インストールあたり100〜150円」

CPI解説画像

CPI広告」は、アプリがインストールされるたびに料金が発生するため、キャンペーンなどでもよく利用される広告手段です。

榊原
ユーザーがアプリをインストールすること自体一つの大きな成果と言えるため「確実な成果に対して費用が発生する」という非常に費用対効果の高い手段と言えます。

たとえば1インストール150円という課金だったとして、LTV(Life Time Value/ライフタイムバリュー)が150円以上見込まれるのであれば、成果に対して黒字となる投資です。

4「CPVの費用:1再生あたり4〜7円」

CPV解説画像

CPV広告」は、動画が10秒以上、もしくは最後まで再生された際に料金が発生します。

静止画による広告とは異なり、動画は内容をしっかり見てもらうことが非常に重要です。

たとえば動画なのに「CPM広告」を選択してしまっては、ほとんど見ないまま閉じてしまったユーザーの分も、再生数に応じて料金を支払わなければなりません。

相性のよい広告を選択して費用対効果を最大化しよう!

インスタグラム広告画像

Instagram広告に出稿する上で、

  • 広告の種類
  • 課金方法

それぞれの特徴を理解したうえで、もっとも費用対効果の高いと考えられる広告を打ち出すことが重要です。

インスタグラムへ出稿する場合は、目的や費用も大切ですが、まず自社と相性のよい広告を選ぶことが大切です。

各広告の特徴
  • 写真広告
    └インスタグラムにおいてもっともスタンダードでもっとも基本的な広告のため、ユーザーからも抵抗なく受け止められるのがメリットです。
    推奨サイズはスクエアですが、それにこだわることなく、アピールしたい内容に合うサイズを使用しましょう。
  • 動画広告
    └アクションをともなうもの、動きがあったほうがわかりやすい商材の場合に適しています。
  • カルーセル広告
    └利点は複数の画像で訴求できることで、パノラマに活用したりビフォア・アフターに利用したりすることが考えられます。
    動画と違って一目で訴求内容を伝えられるため、より効果的に使えるようであればあえてこちらを選ぶのもよい手段です。
  • ストーリー広告
    └生活に密着し、自然に広告を見てもらえるのが魅力です。

榊原
コンテンツへの流入やコンバージョンなどターゲットを設定できる機能もあり、スマートフォン画面を目いっぱい使ったインパクトあるアプローチができます。

インスタグラム広告とは?表示される箇所とは?

インスタグラム広告CPI画像

インスタグラム広告は出稿しやすく若い世代に大きな反応を得られるため、現在では企業のメイン広告メディアになりました。

インスタグラムアカウントではなくFacebookアカウントで出稿可能なうえ、ターゲティングの設定も詳細にできることから有効なプラットフォームと言えるでしょう。

インスタグラムのどこに広告が表示されるのか?

Instagram広告画像

インスタグラム広告の表示箇所は、

  • ユーザーのフィード
    (タイムLINE)
  • ストーリーズ
  • 発見タブ

などに表示されます。

榊原
写真だけでなく動画形式でも出稿可能な広告であり、通常のユーザー投稿の間に挿入される形です。
つまりユーザーは通常どおりインスタグラムを閲覧する流れで広告を目にできるため、認識率が高いことが魅力でしょう。

クリエイティブの下にCTA(コール・トゥ・アクション)を設置することで、自然にタップしやすいつくりになっています。

またストーリーズ内での広告は近年導入されたばかりで、また違った角度でアプローチできるようになりました。

使い分けとしては、フィードはハッシュタグ(#)からの流入が見込めるため、検索からユーザーに発見してもらいファンを獲得するのに役立ちます。

ストーリーズは生活に溶け込む形のコンテンツが好まれるため、身近な切り口からセール情報や新商品の発売イベント情報などを発信するとよいでしょう。

スマートフォンの画面いっぱいに情報を見せるため、長方形のクリエイティブにするのがコツです。

この記事を呼んだ方にオススメな記事

おすすめの記事