インスタグラムマーケティングを駆使して企業の広告活動を成功させる方法画像

商品やサービスの宣伝を考えているなら、「インスタグラムマーケティング」は軽視できません。

Instagramは、爆発的な成長力を見せてきたサービスです。

世界中では10億人を越るようなユーザーが存在するといわれています。

日本のユーザーもかなり増えてきています。

インスタグラムマーケティング」というのは、影響力の強い「インフルエンサー」といわれるような「インスタグラマーを起用したマーケティング」のことです。

榊原
影響力の強いインスタグラマーに自社の製品を自然なかたちで宣伝してもらうことによって、ユーザーの購買意欲を刺激しようというものです。
「インスタグラムマーケティング」にはどのような効果があって、どのように実施すればよいのかを具体的に紹介しますので、ぜひ確認してみてください。

インスタグラムマーケティングについて

Instagram画像

最近、企業の広告活動において重要視されている新たな概念に、インスタグラムマーケティングがあります。

インスタグラムマーケティングとは、その言葉のとおり、インスタグラムを活用したマーケティングだといえるでしょう。

まだまだ、インスタグラムは個人が趣味程度に楽しむものというイメージを持っている人も多いかと思われますが、現在では多くの企業がインスタグラムマーケティングにかなり力を入れています。

インスタグラムのスペックについて確認してみると、日本のユーザーだけでも3000万人を超えていますし、世界のユーザーになってくると、10憶人を超えているのです。

この数字は凄まじい数字であり、同時に大きなビジネスチャンスであるともいえるのではないでしょうか。

さらに、インスタグラムマーケティングをする上で把握しておきたいのが、インスタグラムの活発なユーザーは若者であるという点です。

男女ともに10代くらいから30代くらいまでのユーザーになりますので、こういったユーザーをターゲットにしているビジネスにおいては、もはや軽視できない数字といえるでしょう。

インスタグラムマーケティングを疎かにしていたばかりに、他の企業に差をつけられてしまう可能性があります。

Instagramと相性のよい業界

Vogue Japan(ヴォーグジャパン)_インスタグラムのアカウント

インスタグラムマーケティングをする上では、インスタグラムと相性の良い業界というものを知っておきたいところです。

まず、上で紹介したように、インスタグラムの中でアクティブなユーザーは、10代から30代くらいです。

そのため、この層がメインの購買層の場合は、相性の良い業界といえるでしょう。

具体的には、

  • アパレル
  • コスメ
  • 食品業界
  • 美容サロン

などが挙げられます。

ECサイトへのアプローチも効果的

EC流入導線画像

さらに、インスタグラムはネットコンテンツなので、ネットコンテンツとの相性も非常に高いです。

ECサイトなどがよくインスタグラムとコラボしている様子を確認すれば、想像できるのではないでしょうか。

また、インスタグラムとの相性の良さの決め手になるのが「写真」です。

インスタグラムや写真や動画を投稿して共感を呼ぶSNSになっています。

そのため、写真や動画でのアプローチが基本になってくる業界との相性はよいでしょう。

たとえば、

  • 美味しそうなグルメの写真
  • かわいらしいファッションの写真

などは、インスタグラムと非常に相性がよいのです。

また、ECサイト全般は、商品に写真が掲載されているのは当たり前なので、こういったサービスともインスタグラムは相性がよいです。

インスタグラムマーケティングとインスタグラマーの関係性

インフルエンサーマーケティング画像

インスタグラムマーケティングの方法として、企業自身が積極的に投稿する方法もあるでしょう。

しかし、マーケティングの効果を最大限に発揮したいのならば「インスタグラマー」とのコラボが基本になってきます。

榊原
インスタグラムの世界には、業界毎に非常に影響力の強いインフルエンサーと呼ばれるようなインスタグラマーがいます。
いわば、スーパーインスタグラマーともいえる存在ですが、こういったインスタグラマーとコラボすることによって、商品をPRしてもらうのです。

以前から芸能人と特定の企業がコラボして、テレビCMをするのは当たり前でした。

インスタグラムマーケティングでは、それと同じようなことをするのです。

インフルエンサークラスのインスタグラマーは様々で、芸能活動とはまったく縁のない一般人の可能性もありますし、芸能人やスポーツ選手がインフルエンサーとなっていることもあります。

こういったインスタグラマーをうまく起用することによって、多くのフォロワーに共感を与えることが重要になってくるのです。

インスタグラマーの影響力は凄まじいものがありますので、例えば有名インスタグラマーに商品を食べている写真を掲載してもらったり、ファッションを着用してもらったりすることで、絶大な宣伝効果を見込めるでしょう。

インスタグラマーを起用したマーケティングの方法

インフルエンサー分類画像

ここからは具体的にインスタグラマーを利用したインスタグラムマーケティングの方法を紹介します。

広告効果を最大限に引き出す為に重要になってくるので、是非参考にしてください。

インスタグラマーの選定はインスタグラムマーケティングで最重要項目

インスタグラマー画像

インスタグラマーを起用したマーケティングで難しいのが、どのインスタグラマーを選定するかというものです。

自社の商品やサービスとのイメージに合致していなければなりませんし、インスタグラマーの選定ミスをしてしまうと、トラブルに巻き込まれることもあるのです。

インスタグラマーの選定はマーケティングにおいて一番重要なポイントだといえますので、自分たちだけで選ぶのではなく、専門サービスの力を借りるのもよいでしょう。

榊原
現代には、インスタグラムマーケティングに精通した企業が存在します。
そういった企業に依頼できれば、どのインスタグラマーが適しているのかを確認して、選んでくれます。
また、広告代理店には、インスタグラマーのキャスティングもしてくれるところがありますので、もし現在利用している広告代理店がそういったサービスをしているのならば、そのまま依頼してみるのもよいでしょう。

自社でキャスティング・起用する場合

インスタグラマーのキャスティングする方法として、自社でキャスティングする方法もあります。

しかし、自社でキャスティングする場合は、ノウハウをしっかりと持っていることが重要になってきます。

インスタグラムマーケティングは、しっかりとインスタグラマーを選ばなければ、効果を発揮することはありません。

影響力が強ければ誰でもよいというわけではなく、しっかりとイメージに合致する必要があるのです。

そのため、基本的には専門家に依頼するのがおすすめです。

キャンペーンとの組み合わせで効果が倍増

インスタグラムマーケティングの基本は、インスタグラマーの影響力を利用したものです。

これはマーケティングがメインになってくるものだといえるでしょう。

そして、サブになってくるのがキャンペーンです。

インスタグラマーとキャンペーンをうまく組み合わせてマーケティングを行うことによって、さらに大きな効果を得られる可能性があるのです。

インスタグラムのキャンペーンはどのように行われているかを確認してみると、特に多いのがハッシュタグ(#)を利用した施策になります。

プレゼントキャンペーンが一般的

キャンペーン投稿画像

プレゼントキャンペーンはとても人気がある施策となっています。

特定キーワードを指定して、それをハッシュタグ(#)に入れて投稿をしてくれたユーザーに対して、プレゼントを提供するのです。

大体の場合は抽選でプレゼントするようなキャンペーンになっていて、こういった方法を用いている企業は非常に多くあります。

イベント会場と連動させたキャンペーン

イベント会場キャンペーン画像

他にも実店舗とインスタグラムを連動させたキャンペーンもあります。

これは、プレゼントキャンペーンの派生型のようなもので、実店舗で特定の行動をしてくれたユーザーがインスタグラムに特定の投稿をすると、抽選でプレゼントされるといったものです。

通常のプレゼントキャンペーンに比べると、オンラインとオフラインが連動していることによって、より購買意欲を刺激できるのです。

実店舗とインスタグラムの連動もあれば、インスタグラムのその他のSNSとの連動もあります。

榊原
インスタグラムとその他のSNSとを連動したキャンペーンを行えれば、インスタグラムだけではなく、その他のSNSユーザーも取り込める可能性があるのです。
このようにインスタグラムを使ったキャンペーンにはたくさんの方法がありますので、インスタグラマーによるマーケティングと共にうまく活用していきたいところです。

インスタグラムマーケティング専門企業を選定

売上の推移_グラフ

インスタグラムマーケティングにおいては、インスタグラマーの起用が非常に重要になってきます。

そして、なるべくならその起用は専門のサービスに任せるべきでしょう。

しかし、依頼するサービスがしっかりとノウハウを持っていなければ、自分たちでキャスティングした場合と大して変わらない効果しか発揮されない可能性があるのです。

そこで重要になってくるのが、どういった基準で専門業者を選べばよいかという部分です。

ここからは失敗しない専門企業の選定方法を解説します。

1「過去の取引企業実績を確認」

まず、これまでの取引実績がどのくらいなのかというのは重要になってくるでしょう。

実績がある企業は、それだけインスタグラムマーケティングのノウハウが確立されていますので、信頼できます。

大手企業とやり取りした実績のある企業であれば、かなり信頼性は高まるといえるでしょう。

インスタグラムマーケティングは大企業も利用する時代になっていますので、実績があれば、そうした企業との取り引きがあるはずです。

2「どの業界においての実績なのか確認」

また、実績といっても、どの業界での実績なのかも重要になってくるでしょう。

ゲーム関連のインスタグラムマーケティングをしたいのに、食品業界のマーケティング実績が豊富な企業に依頼してところで本末転倒で十分な効果を得られない可能性があります。

それぞれ得意としている業界がありますので、実績を把握するなら、その部分もしっかりと確認しましょう。

いくら影響力の強いインフルエンサーが在籍していても、相性の良い業界というものが存在します。

業界や商品との相性が良いインフルエンサーを起用しなければ、いくら影響力があるといっても、フォロワーに響かないのです。

また、インフルエンサーのイメージによっては、起用することによって悪影響を及ぼすこともあるのです。

そのため、こうした専門サービスを選ぶなら、どのような業界において強い影響力のあるインフルエンサーがいるのかを確認しておきましょう。

3「インフルエンサーや芸能プロダクションとの関係性を確認」

次に重要になってくるのが、どんなインフルエンサーとつながりを持っているかです。

インスタグラマーでインフルエンサーと呼ばれる人たちは多いですが、インスタグラムマーケティングを提供する企業が、そのすべてと繋がっている(パートナー契約している)わけではないのです。

インフルエンサーの中には、芸能人やスポーツ選手のような業界人も存在していますので、そうした人物とつながりの深い企業ででなければ、十分なインスタグラムマーケティングは実施できないでしょう。

さらに、なるべくならさまざまな色を持っているインフルエンサーを起用できる企業の方がよいです。

また、それがいろいろな業界にわたっていた方が起用できるインフルエンサーの選択肢が多いことになります。

4「インフルエンサーのフォロワー数を確認」

インスタグラムマーケティング専門企業がつながりのある(パートナー契約している)インフルエンサーのフォロワー数がどのくらいなのかも確認しておきます。

インスタグラムのようなSNSはフォロワー数が非常に重要になってきますので、これはそのまま影響力のバロメーターととらえることもできるのです。

5「中間マージン(フォロワー単価)を確認」

インスタグラムマーケティングを自社でやる場合に比べて、専門サービスを利用すると中間マージンが発生します。

そのため、コストについてはかなり意識する必要があるでしょう。

人気のインスタグラマーになると、起用するのにもそれなりの資金が必要になってきます。

コスト意識の高い、企業を利用することによって、インスタグラムマーケティングの効果を最大化できるはずです。

6「効果測定レポートなどの有無を確認」

インスタグラムマーケティング専門企業に委託する場合、サービス内容にどんなものが入っているかも確認しておきたいところです。

単純に相性の良いインスタグラマーを起用するだけなのか、しっかりと効果測定を行って、レポートなどを提出してくれるのかなどによっても、サービスの質は全然違ってきます。

7「提案された施策内容を確認」

インスタグラムマーケティングというのは、まったくノーリスクではありません。

マーケティングの仕方を失敗してしまうと、炎上が発生してしまう可能性があるのです。

また、ステマにおいても十分に警戒する必要があるでしょう。

そこで、そうしたリスクに対しても対策をしてくれるようなサービス内容が望ましいです。

こうした対策がオプションになっているのか基本料金に含まれているのかによっても、利用価値は違ってきますので、しっかりと比較するようにしましょう。

インスタグラムマーケティングでの成否指標

KPI(Key Performance Indicators:重要業績評価指標 )

適切なインスタグラマーの選定ができたとして、今度は具体的なインスタグラムマーケティングにおいて重要なポイントを紹介します。

インスタグラムマーケティングにおいては、

  • フォロワー数
  • 投稿の方向性
  • ハッシュタグ(#)

などが重要な指標になってきます。

インスタグラムマーケティングに成功すると、その製品と関連性の高い「ハッシュタグ(#)」を使った投稿が増えることになります。

榊原
これがインスタグラムマーケティングの成否のバロメーターになってくるのです。
このようにインスタグラムマーケティングは、インスタグラマーを起用して、定期的に投稿するというだけでは終わらず、しっかりと効果測定をする必要があります。

プロアカウントのインサイトを利用した効果測定

インスタインサイト画像

インサイト」とはインスタグラムのプロアカウント(旧:ビジネスアカウント)のみに搭載されている無料の分析ツールです。

インサイト機能で計測できる指標は、

  • 投稿のリーチ数
  • プロフィールへのアクセス数
  • フォロワーの性別
  • 年齢層
  • 所在地

などこのツールを利用すれば、フォロワーの動向をチェックできるようになります。

もし、インスタグラムマーケティングに成功した場合は、フォロワーの動向に顕著な変化があらわれるはずです。

他にもたくさんの分析ツールがありますので、それぞれの目的に応じて選ぶとよいでしょう。

インスタグラムマーケティングの注意点

着実に成長する様子(KPI・KGI)

インスタグラムマーケティングは活用方法を間違えてしまうと、逆効果になることがあります。

そのため、このマーケティングをする上での注意点は必ず確認しておきたいところです。

大金を利用して、企業イメージを悪くしてしまったのでは本末転倒です。

1「インスタグラマーを起用するなら目標設定を的確に」

まず、インスタグラマーを起用した投稿の方向性はしっかりと決めておくべきでしょう。

方向性が定まっていないとブレてしまい、ユーザーに迷いや疑問を与えてしまいます。

そのため、最初にしっかりと目標を設定し、それに向かって投稿をしていく必要があります。

最初に目標を立てずに、後付けでマーケティングをしていると、効果が発揮されない可能性があるのです。

起用するインスタグラマーの選定は慎重に

さらに、インスタグラムを利用するからこそのリスクも把握しておきたいところです。

インスタグラマーの起用を間違えてしまうと、炎上が発生してしまう可能性があるのです。

これは起用するインスタグラマーのことをよく知っていないからこそそういったミスが発生してしまいます。

インスタグラムをはじめとしたSNSでの炎上は非常に危険なパワーを持っていますので、万が一炎上してしまった場合は、マーケティングどころではないといえるでしょう。

インスタグラムは拡散力の強いサービスなので、悪い意味で拡散してしまうと、企業の信用は一気に失墜してしまうのです。

2「宣伝色の強すぎる投稿は控える」

また、インスタグラムマーケティングに力を入れすぎるからこその注意点もあります。

インスタグラムというのは、元々は個人ユーザーで栄えていたSNSです。

榊原
さらに、ユーザーに使いやすいようなサービスづくりがなされてきたので、あまり広告も多くありません。これは、インスタグラムユーザーは、あまり広告に慣れていないことでもあります。広告に慣れていないユーザーが、広告を見ると、拒否反応を示してしまいます。

そこで注意したいのが、いくらインスタグラムマーケティングをしたいといっても、宣伝色の強すぎる投稿を繰り返すのはNGというものです。

あまりにも宣伝が大々的すぎると、フォロワーに毛嫌いされてしまう可能性があるでしょう。

そのため、広告はここぞという場面で活用するのがよいでしょう。

インスタグラマーにはあくまで頂いた程で促進してもうらが吉

ここで重要になってくるのが、インスタグラムという色にうまく溶け込むような投稿をする必要があるというものです。

そう考えられれば、インフルエンサークラスのインスタグラマーが商品を自然なかたちで利用しているというのは、とてもよい戦略といえるでしょう。

インスタグラムマーケティングは万能ではない

インスタグラムマーケティングは、もはや企業にとっては軽視できない存在であることがわかったと思います。

しかし、ここで注意が必要なのは、インスタグラムマーケティングは万能ではないというものです。

まず、インスタグラムのユーザーで特にアクティブな層は若者です。

そのため、あまりインスタグラムでアクティブな活動を行っていない層に向けてマーケティングをする場合には、あまり効果を得られない可能性があるのです。

インスタグラムマーケティングをするには、人気のインスタグラマーを起用することになります。

それにはそれなりの費用が発生するので、しっかりと費用対効果を考えることが重要になってくるのです。

ギャンブル・アダルト系の商品のマーケティングは不向き

また、ギャンブルやアダルト系の商品などのマーケティングも難しいといえるでしょう。

インスタグラマーにもイメージというものがありますので、賛否両論の激しいジャンルのマーケティングは引き受けたくない人もいます。

本の内容のプロモーションも不向き

さらに、インスタグラムというのは写真や動画といったものが主流のSNSになっています。

そのため、写真や動画でのアプローチが難しい分野もマーケティングの効果が十分に出ない可能性があるのです。

たとえば、本の内容を写真で表現するというのはとても難しい問題です。

このようにインスタグラムマーケティングは決して万能ではありませんので、適材適所で利用していく必要があります。

上手に用いれば、企業に大きな利益をもたらしてくれるマーケティング方法なので、ぜひ把握しておきたいところです。

また、まだまだ一般企業はインスタグラムマーケティングのノウハウを持っているとはいえない状態なので、こういった方法でマーケティングをするなら、専門サービスに依頼するのがおすすめです。

おすすめの記事