SNSでフォロワーを増やす方法!トレンド情報の手に入れ方を解説

フォロワーの奪い合いは起こっている

SNSでフォロワーを増やすことは、SNSマーケティングをする上では非常に重要です。

フォロワーが増えれば増えるほど、SNSマーケティングの効果は絶大になり、企業に利益をもたらしてくれます。

しかし、このフォロワーを増やすという行為に苦労している企業も多いので、まずはフォロワーを増やす方法を確認してみるとよいでしょう。

一昔前までは、そこまでSNSマーケティングに力を入れている企業は多くなかったので、フォロワーを増やすのも難しくありませんでした。

しかし、最近はそれぞれの企業がフォロワーの奪い合いをしているような状況なので、以前よりもいっそうフォロワーを増やすのが難しくなっているのです。

フォロワーが多くなければキャンペーンの効果は実感できない

マーケティング画像

最近は、企業も率先してSNSを活用したWebマーケティングをする時代になってきました。

しかし、大前提としておさえておきたいのが、フォロワーが多くなければ、キャンペーンの効果を実感することはできないというものです。

フォロワーが少ないうちにキャンペーンをしても、あまり効果を実感できないので、費用ばかりが高くなってしまう可能性もあるでしょう。

そのため、どの企業も必死にフォロワー集めに注力しています。

まずは信頼のあるアカウントを目指すことが大前提

握手は信頼の証

フォロワーを増やすことだけに注力して、アカウントの信頼性が落ちてしまうと、フォロワーはなかなか増えませんし、フォロワーが急激に減ってしまうこともあります。

ユーザー目線になってどんなアカウントに価値があって、どんなアカウントに価値がないのか判断していく必要があります。

例えば、コンセプトがめちゃくちゃで何の情報を発信しているか分からない謎アカウントには価値がありません。

SNSでは、ある程度の専門性を持って情報発信することでフォロワーを増やしやすいです。

企業とSNSに統一感を演出

会社と組織

SNSでフォロワーを増やすためには、ユーザーに対して違和感を与えないことが重要になってきます。

そのために、まず重要になってくるのが企業とSNSアカウントに統一感を演出することでしょう。

企業がSNSアカウントで発信する場合に、フォロワーを増やしたいという気持ちだけが優先してしまい、企業のイメージと異なる投稿をしてしまうことがあります。

こうすることによって、ユーザーは違和感を覚えてしまいますので、フォロワーが増えないどころか、場合によっては既存のファンを手放してしまう可能性があります。

SNSの中には、アカウントページのデザインを変えられるようなサービスもありますので、デザインを変更して、うまく企業イメージに近づけるのもよいでしょう。

そして、デザインなどよりも重要になってくるのが投稿の内容です。

いくらデザインにこだわっても、この部分が企業イメージに合致するものでなければ、なかなかユーザーがフォローしてくれないのです。

八方美人は損をする

カフェでコーヒを飲みながらスマホを触る女性

企業がSNSでフォロワーを増やそうとする時には、八方美人になってしまいがちです。

このような状態をSNSのユーザーは嫌うのです。

とにかくがむしゃらにフォロワーを増やしたいがために、様々な層に対して、アプローチを仕掛けることになります。

このような状態のアカウントは、ユーザーからすると、とても面白くありません。

なぜならば、多方面にアプローチしようとすればするほど、当たり障りのない内容になってしまうからです。

特定のユーザー層に響くような投稿を日々行っていた方が、その他の層には見向きもされないかもしれませんが、ターゲットとなった層にはしっかりとフォローしてもらえる可能性があります。

このように八方美人になるのではなく、しっかりと最初にターゲットを選定することが重要になってきます。

ターゲットをしっかりと選定することによって、良い意味でとがった投稿を繰り返せますので、結果的に多くのユーザーに指示されることになるのです。

また、多方面にアプローチしてフォロワーを増やしてきた場合、マーケティングも難しいものになってしまいます。

逆に、特定層のフォロワーが多いアカウントというのは、とてもマーケティングがしやすいのです。

ユーザーファースト

コメント画像

SNSをビジネスで使いたい場合などに忘れてしまうのがユーザーファーストです。

どうしてもマーケティングに成功して利益を出したいという気持ちが先行してしまうので、なかなかユーザーファーストができないのです。

 

SNSにはインスタグラムのようにユーザーファーストに特にこだわっているサービスもあります。

インスタグラムのユーザーファーストになれてきたユーザーは、あまりビジネスを全開にしたような投稿にはなれていないのです。

人によっては、拒否反応を示してしまう人もいるでしょう。

そのため、SNSでフォロワーを増やすためには「投稿を見たユーザーが何を思うのか」を第一に考えることが大切です。

たとえば、マーケティングの一環としてキャンペーンを実施することもあるかと思いますが、キャンペーン内容に関する投稿ばかりが続くと、ユーザーに毛嫌いされてしまう可能性があります。

そのため、ビジネスに関連する投稿だけでなく、その他の投稿もバランスよく織り交ぜるようにしたいところです。

ユーザーに対して噓をつかない

悪人が閉じ込められている様子

これはユーザーファーストと同じような事柄ですが、ユーザーに対して噓をつかないというのは、とても重要なポイントです。

ユーザーに噓をついた時には、それがばれた時に大きな損害になってしまいます。

ユーザーに噓をつかないといっても、なかなかイメージできない人もいるかもしれません。

やはり、SNSで注意すべきユーザーへの噓はステルスマーケティングでしょう。

ステルスマーケティングは、ユーザーがもっとも嫌っている行為でもありますので、インフルエンサーとの関係性を隠して、マーケティングをするのは必ず避けたいところです。

ステルスマーケティングによってユーザーを怒らせてしまうと、長期間にわたった大きな損害となってしまう可能性があります。

トレンドを意識する

競合他社画像

SNSのユーザーの多くは、良くも悪くもトレンドに弱い人たちだと言えます。

流行にとにかく敏感で、流行りのものはどんどん広げようとしてくれます。

そのため、SNSでフォロワーを増やすためには、トレンドを意識することが非常に重要になってくるのです。

トレンドをしっかりと意識していれば、継続的に投稿することによって、必ずフォロワーは増えていくでしょう。

また、トレンドをおさえているというだけではなく、あわせておしゃれであればフォローされやすくなります。

SNSを積極的に利用する層というのは、とても意識が高いです。

意識が高いといってもいろいろな方向性があると思いますが、美意識が高いともいえるでしょう。

この美意識の部分とおしゃれな投稿は一致しますので、そうすることによってフォロワーを増やせるのです。

さらに、SNSのトレンドを注意深く観察してみると、海外から流入することも珍しくありません。

海外のSNSで大流行して、それが日本のSNSで再び流行することもあるのです。

そのため、海外のSNSに注目していれば、トレンドを先取りできるかもしれません。

たとえば、日本で流行になるメイクのトレンドについては、韓国から輸入されることも多いです。

そのため、日本のSNSで話題になる前に、韓国のSNSでどんなメイクが流行になっているのかを確認できれば、先取りできる可能性はあるでしょう。

最新トレンド情報を得る方法

指差し棒でチェック(check)を指さす

SNSでは誰も知らないような最新トレンド情報を探している人が多いです。

テレビや雑誌ではまだ取り上げられていないような情報や、日本ではまだ注目されていない情報など価値ある情報を提供できればフォロワーを増やすことができます。

では、一体どうやって最新トレンド情報を手に入れることができるのでしょうか。

最新トレンド情報を得る方法について詳しく解説していきます。

海外の情報に目を向けよう

世界の最新トレンド情報

日本人は英語などを始めとした外国語が苦手です。

日本語は日本でしか通用しません。

日本人は、日本語以外の情報には疎い特徴があります。

そのため、海外の最新トレンド情報に目を向けるとフォロワー増加に繋がります。

例えば、シリコンバレーの最新技術などをまとめている海外SNSをフォローしてチェックして気になった技術を紹介したり、韓国コスメの情報などを発信するなどが挙げられます。

英語ができなくても、翻訳技術はかなり向上していますので、Google翻訳などで翻訳すれば意味は理解できます。

アメリカ、韓国などの情報はトレンドで流行っているため、需要が高いです。

フォロワー数が多く影響力のあるインフルエンサーをチェックする

人と人の繋がり

フォロワー数が多く影響力のあるインフルエンサーの投稿をチェックすることは非常に大事です。

インフルエンサーの発言でネットニュースになることもありますし、バズることが多々あります。

また、フォロワー数を多く獲得しているユーザーほど最新トレンド情報のアンテナを張っています。

10代のアカウントをチェックする

スマホを見ているセーラー服を着た女子高生

SNSでフォロワーを増やしたいならば、日々その他のアカウントをチェックして勉強することを忘れてはいけません。

特に注目したいのが、10代のアカウントだといえるでしょう。

10代は、流行の発信源になることも珍しくはないのです。

これまで10代の流行から爆発的に広がったものも多いので、流行の発信源になるような10代のアカウントをいくつかピックアップしておくとよいでしょう。

また、同様に10代に絶大な支持を得ているような有名人や芸能人のアカウントをチェックしておくのもよいでしょう。

いくら10代が流行の発信源になるといっても、どんなアカウントでもよいというわけではなく、やはりインフルエンサーと呼ばれるようなアカウントから情報が広がっていくことが多いです。

Googleトレンドを活用する

Googleトレンドでオリンピックを検索してみた

Googleトレンドを活用すればトレンド情報が分かります。

ユーザーの検索状況などが一目で分かります。

また、時期によって変動する検索ボリュームの推移なども分かります。

国ごとで何を多く検索されているかトレンドを掴むことが出来ます。

クラウドファンディングをチェック

クラウドファンディングとは
画像引用:https://camp-fire.jp/crowdfunding

クラウドファンディングとは、一般ユーザーから資金調達して何かをすることです。

これから始めようとしているビジネス情報が手に入ります。

資金調達の達成率などが分かりますので、達成率100%を超えてるクラウドファンディングは注目されており、今後トレンドになる可能性を秘めています。

達成率100%を超えるとビジネスをスタートすることが出来ますので、一度形になります。

その後、ビジネスが続くかどうかは分かりませんが、スタートダッシュできていることは確実です。

フォロワーを増やすために実施したいこと

左上を指差している男性サラリーマン

フォロワーは勝手に増えません。

ユーザーが求めるものを把握し、フォロワーが増える仕組みを作らないといけません。

フォロワーを増やすために実施したいことをいくつか紹介します。

SEO対策をして検索流入を増やす

SEO(Search Engine Optimization)_検索エンジン最適化

どのSNSにも検索機能があります。

SNS内での検索からの流入を増やすことが出来れば自然とフォロワーは増えていきます。

自社(自分)のアカウントの投稿の表示回数(インプレッション)を増やすことが大事です。

各種SNSによってSEO対策のやり方は変わります。

各種SNSのSEO対策のやり方

  • InstagramのSEO対策
  • TwitterのSEO対策(準備中)
  • FacebookのSEO対策(準備中)
  • YouTubeのSEO対策(準備中)
  • TikTokのSEO対策(準備中)
  • ClubHouseのSEO対策(準備中)

フォロワーが増えるプロフィール作り

スマホを触る女性

SNSは、基本的にいろいろな情報を省いたコンテンツといえるでしょう。

とにかく直感的な操作を重要視したコンテンツになっていますので、本来は表示されるべき情報が表示されていないことも珍しくありません。

しかし、そんな場だからこそプロフィールにはこだわりたいところではないでしょうか。

SNSでアピールできるプロフィールは、それほど多くありませんし、あまりに長いプロフィールになってしまうと、ユーザーに毛嫌いされてしまうこともあります。

しかし、必ず必要な情報もありますので、必要な情報を厳選したプロフィールを記載するとよいでしょう。

ビジネスでSNSを利用することを前提とするなら、このアカウント、この企業はどんなビジネスをしている会社なのか、またはブランドメッセージなどを分かりやすく伝えることも重要になってくるはずです。

SNSのユーザーで意外に多いのは、そのアカウントを直感的にみて、フォローするかどうかを判断するという人になります。

そのため、プロフィールやブランドメッセージにシンパシーを感じられれば、それだけでフォローしてくれる可能性があるのです。

ただし、だからといって長々とメッセージを書いてしまうと、見てもらうことすらできないので、必要な部分のみを厳選して、誰でもわかるようにするとよいでしょう。

ハッシュタグを有効活用

紙でできたハッシュタグを手で持つ

特定のSNSではハッシュタグ(#)という文化が根付いています。

このハッシュタグは、特定のアカウントを探しやすくするためのものなので、フォロワーを増やしたいならば、必ず活用しなければなりません。

ハッシュタグは、そのアカウントをまだ知らない人と、そのアカウントを結び付けてくれるものなので、フォロワーを増やすには必要になってくるのです。

ただし、フォロワーを増やしたいからといって、自社やそのサービスとあまり関係のないハッシュタグを設置するのはいけません。

こうすることによって、人の目に触れる機会は増えるかもしれませんが、あまり関係のない投稿をしているアカウントに対して、ユーザーが何を思うかを想像してみるとわかりやすいのではないでしょうか。

アカウントをみてもらえても、フォローしてもらえなければ意味はありませんので、ハッシュタグでユーザーを欺くような行為は避けたいところでしょう。

また、ハッシュタグは集客用のハッシュタグと、利便性を高めるためのハッシュタグで使い分けるのがおすすめです。

ハッシュタグに、オリジナルのワードを使用すれば、そのハッシュタグをたどって、そのタグがつけられた投稿を一覧表示できます。

そうすれば、その企業がどんな投稿をしているかが一目瞭然なので、より多くの投稿をユーザーに知ってもらえる可能性があるのです。

フォロワーをどんどん増やしているアカウントというのは、とてもハッシュタグの使い方がうまいです。

ハッシュタグを利用して、ユーザーの利便性向上とフォロワー増加をまとめてやっています。

インスタグラムなら位置情報タグが有効

位置情報

インスタグラムでフォロワーを増やしたいなら、位置情報タグ(ジオタグ)を利用するのもよいでしょう。

位置情報タグというのは、インスタグラムの特徴的な機能の一つで、投稿に関連した位置情報を追加できます。

こうすることによって、ユーザーにとってその投稿がより意味があるものになるので、利便性も向上します。

また、場所を示すことによってユーザーに共感を与えられる可能性も高くなるので、どんどん利用していくとよいでしょう。

位置情報からインスタの投稿を探すユーザーも多いですので、ジオタグを付けることで、ユーザーの目に映る機会が増えることになります。

ユーザーとコミュニケーションをする

チームで円陣を組む

SNSでフォロワーを増やしたいと思っているのならば、ユーザーとのコミュニケーションを大切にしましょう。

SNSでのユーザーとのコミュニケーションは、フォロワーか、フォロワーでないかは関係なく、どちらのユーザーともしっかりとコミュニケーションをとるべきです。

すでにフォロワーになったユーザーとコミュニケーションをとることによって、そのユーザーをつなぎとめられます。

一度フォロワーになってくれたからといって、いつまでもフォロワーのままとは限らないのです。

そのアカウントが自分にあわないと感じたら、ユーザーはフォロワーではなくなってしまうでしょう。

また、フォロワー以外のユーザーと丁寧なやり取りを続けることによって、フォロワーになってもらえる可能性があります。

このようにユーザーとのコミュニケーションをすることによって、いろいろなメリットがありますので、積極的にコミュニケーションをとるようにしましょう。

さらに、ユーザーの方からいろいろと投げかけてくれるように、コミュニケーションしやすい雰囲気づくりも重要になってきます。

ユーザー連動型のアカウント

口コミ評価画像

フォロワーの多いアカウントの多くに当てはまるのが、ユーザー連動型のコンテンツを定期的に発信しているというものです。

最も分かりやすい例がアンケートでしょう。

SNSでフォロワーに対して、定期的にアンケートを実施しているようなアカウントは、それだけでユーザーとのコミュニケーションがとれています。

また、アンケートならユーザーが参加しやすいので、ユーザーにも参加意識や共有意識が生まれてくるのです。

そのアカウントをフォローしている人たちの間に、共有意識が生まれると、マーケティングの際にも非常に役立ってくれます。

本格的なマーケティングの際にユーザー連動型キャンペーンをすることもあるかと思われますが、日頃からユーザー連動型の投稿を続けていると、そういったキャンペーンをする際にもスムーズになるのです。

定期的な投稿を続ける

まいにちスタンプ

これは初歩の初歩です。

以前、インフルエンサーの主流だったブロガーたちは、毎日投稿を続けることが非常に重要だといっています。

これはSNSにおいても同様で、可能ならば毎日投稿した方がよいです。

継続的に毎日投稿することによって、ユーザーの目に留まりやすくなるので、その分だけフォロワーは増えやすくなるでしょう。

しかし、継続的に投稿する際に注意したいのが、毎日投稿することによって投稿の質が落ちるようならば、投稿の間隔を見直した方がよい可能性があります。

例えば、フォロワーに合致した質の高い投稿を毎日続けられるのならば、どんどんフォロワーは増えていくでしょう。

しかし、毎日投稿するを達成するために、気温の話や天気の話ばかりしているのであれば、フォロワーが増えることはないでしょう。

注意したいのが、毎日投稿することによって、フォロワーのタイムライン(TL)を占領するというものです。

この内容が良いものならば、問題ありませんが、あまり意味のない情報に占領されるとユーザーはストレスを覚えてしまうのです。

そうなってしまうと、せっかくのフォロワーもフォロー解除してしまいます。

分析ツールを活用

課題発見につながる分析・解析

SNSの中には、分析ツール(解析ツール)を利用できるサービスもあります。

分析ツールはフォロワーの動向を把握できる、アクセス解析のようなコンテンツだといえます。

これはSNSでマーケティングをする上で非常に重要になってくる情報なので、そういった分析ツールは積極的に導入するようにしましょう。

また、SNSにはアンケートを気軽にできる機能があります。

このアンケートもユーザーの動向を知る上では非常に有効になってきますので、うまく活用していきたいところです。

アンケートは、日頃からのユーザーとのコミュニケーションツールとしても利用できますので、定期的にこつこつとアンケートを積み重ねていけば、かなりの情報を知ることができるでしょう。

KGI・KPIの設定

目標(KPI)とゴール(KGI)_業務の可視化

  • KGI(重要目標達成指標)
  • KPI(重要業績評価指標)

を設定することは非常に大事です。

ただがむしゃらに投稿していても自己満足で終わってしまいます。

ゴールを設定して、ゴールに達するためには、何か必要なのかを洗い出して戦略的に運用することが大事です。

目標(KGI)が達成できなければ、なぜ未達成という結果になってしまったのかを分析し、課題・改善点を見つけることで次に繋がっていきます。

目標(KGI)が達成できれば、正しいKPIが設定できていたことになります。

正しい効果測定のやり方は、以下の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

フォロワーを買うこともできる

お金を手渡しする様子

SNSのフォロワーを販売しているサイトがあります。

お金さえ払えば簡単にフォロワーを増やすことが出来ます。

しかし、企業などバレた時のダメージが大きい場合は、おすすめしません。

個人で活動しているインフルエンサーも実はフォロワーを買っている人は多いです。

やはりフォロワー数が多い方がユーザーはフォローしやすくなります。

フォロワーの数に対して、コメント数などが少ないアカウントはフォロワーを購入している可能性が高いです。

自社にSNS担当部署を作ろう

着実に成長する様子(KPI・KGI)

これまでは、何らかの業務の片手間としてSNS業務をしていた人たちも多いのではないでしょうか。

しかし、今では大企業がSNS担当部署を作るほど時代は変わってきています。

企業にとって重要なビジネスツールになりつつあるので、SNSに精通しているスタッフが常時対応できるような状態を作っておくのもよいでしょう。

すでにSNSに精通しているスタッフを雇うのもよいですし、自社スタッフの中から何人か選び、SNSに関する教育を施していくのもよいでしょう。

SNS専門スタッフがいるというのは非常に心強く、炎上対策にもなります。

あまりSNSに精通していない社員が担当していると、場合によっては炎上につながってしまうこともあるので十分に注意する必要があるでしょう。

SNSの担当部署を作ると、かなり業務が効率化され、SNSでのユーザーとのコミュニケーションなども任せられます。

実は、こういったコミュニケーションは片手間になると、ユーザーに違和感を与えるキッカケにもなりますし、かなりの労力をさかれてしまいます。

また、専門部署ならツールを使っての解析なども任せられるので、さまざまな手間が軽減されるでしょう。

もちろん、専門部署を作るのにはそれなりのコストが必要になってきますが、現在の状況を踏まえれば、十分にリターンは得られるといえるのではないでしょうか。

SNSにおけるフォロワーの増やし方を理解したのではないでしょうか。

フォロワーを増やすのはなかなか難しいものですが、正しい方法で定期的に投稿を続けていると、必ずフォロワーは増えていくはずです。

あきらめずに継続的な投稿をすることが重要になってきますので、SNSに専念できるような専門の担当部署を作成するのもよいのではないでしょうか。

そうすれば、大幅にSNSに必要な手間が軽減されるでしょう。

SNS運用を外注する方がコスパが良い場合もある

業務を外注する(業務委託)

SNS運用の部署を一から作るのは大変です。

当然ながら、「人」と「予算」と「時間」が必要になります。

大きい企業で人材が豊富であれば、SNS専門チームを作って、部署化し運用することができます。

しかし、中小企業やSNSチームを作るほどの人材が豊富でない企業は多いです。

SNSを運用してくれる企業に外注してしまった方がコスパが良い場合もあります。

おすすめの記事