【11選】インスタグラムで人気の高いデリスタグラマーまとめ!写真の撮り方やポイントなど

目次

インスタクラウド広告_目次下_600_400

デリスタグラマーとは?

料理の写真をスマホで撮影

デリスタグラマーとは、Instagramに食に関する投稿をする人のことを言います。

  • 美味しいを意味するdelicious(デリシャス)
  • Instagram(インスタグラム)で写真を投稿する人を指すInstagramer(インスタグラマー)

が合わさった言葉です。

デリスタグラマーは、飲食店での料理の写真などを数多く投稿しています。
投稿頻度の多い方は、1日3食分全てを投稿する方もいます。

Instagramでは、「食」に関する投稿が非常に人気です。
インスタ映えという言葉の流行と共に、様々なインパクトのある料理を提供する飲食店が増えました。
そして、インスタ映えを狙ったインスタグラマーたちは、インパクトのある料理の投稿をするようになりました。

東京のような激戦区では、他店に負けないように、日々新しいインスタ映えするメニューが増えています。
したがって、Instagramにはどんどん新たなインスタ映えする料理の投稿が増えています。

おすすめのデリスタグラマーまとめ【11選】

コース料理

Instagram(インスタグラム)で活躍している人気のデリスタグラマーを紹介します。

mizutama(@____mizutama____)

mizutama(ミズタマ)さんは、朝食を毎日投稿しているデリスタグラマーです。
フォロワー数は、1.2万人です。

mizutamaさんの投稿の特徴は、朝食を真上から撮影した写真を使用していることです。
何を食べたのかが、1枚の写真に全て収められています。
また、白を基調とした写真が多いため、シンプルなイメージが強いです。

料理の配置や、小物を使用した撮影方法がまとまっているため、非常に見やすい投稿です。
また、キャプション(説明文)には、毎日の日記のようなコメントが書かれているのも特徴的です。

栁川かおり(@kaori_yanagawa)

栁川かおり(やながわかおり)さんは、「Every Table(エブリテーブル)」というレシピ本を執筆するほど、料理に力を入れているデリスタグラマーです。
フォロワー数は、約10万人です。

栁川かおりさんの投稿の特徴は、料理一品について紹介していることです。
1食分のメニューの写真を掲載するのではなく、一品だけ紹介しています。
紹介している料理の作り方について、キャプションにて詳しく説明されています。
したがって、誰でも同じ料理が作れるようになっています。

また、あえて手を写すことで、自分が食卓に向かっている雰囲気を表現しています。
雰囲気を作り出すことで、料理自体のイメージを膨らましています。

のん(@non_la_non)

この投稿をInstagramで見る

のん(@non_la_non)がシェアした投稿

のんさんは、「FoodieTable(フーディテーブル)」や「macaronimate(マカロニメイト)」というメディアでアンバサダーを務めるデリスタグラマーです。
フォロワー数は、約5.6万人です。

のんさんの投稿の特徴は、色とりどりな投稿が多いことです。
品数の多い写真でも、それぞれの色合いが綺麗なため、ごちゃごちゃしているというイメージは沸きません。
食欲がそそられるような料理が多いことで、人気を集めています。

投稿のキャプションには、メニューと日記が書かれています。
さらに、数多くのハッシュタグを用いていることも特徴的です。

めぐみ(@meguhanasora)

めぐみさんは、フーディテーブルというメディアのアンバサダーを務めていて、レシピ本を執筆するなど、様々な活躍をしているデリスタグラマーです。
フォロワー数は、約21万人です。

めぐみさんの投稿の特徴は、2人分の晩御飯の写真を投稿していることです。
手前から奥にかけて、2人分の料理が並べられています。
したがって、自分が今から晩御飯を食べるかのような雰囲気を味わうことが出来ます。

キャプションには、メニューと一言コメントが添えられています。
また、多数のハッシュタグを用いているのも特徴的です。

Tammy*(@t_ammy)

この投稿をInstagramで見る

Tammy*(@t_ammy)がシェアした投稿

Tammy(タミ―)さんは、食生活アドバイザー兼フードフォトグラファーとして活躍しているデリスタグラマーです。
フォロワー数は、約5.1万人です。

Tammyさんの投稿の特徴は、テーブルコーディネートが綺麗なところです。
様々な小物を用いて、料理を綺麗に取るための工夫がされています。

キャプションには、メニューと料理を作ったストーリーが書かれています。
また、多数のハッシュタグを用いているのも特徴的です。

megu(@_maple_life_)

この投稿をInstagramで見る

megu(@_maple_life_)がシェアした投稿

megu(メグ)さんは、LikeSweetsBOX(ライクスイーツボックス)という、ケーキとブランド食器を扱うブランドのアンバサダーを務めているデリスタグラマーです。
フォロワー数は、約4.7万人です。

meguさんの投稿の特徴は、おしゃれな小物を駆使して、インスタ映えする写真を投稿していることです。
まるで外国の食卓のような、おしゃれな写真ばかりなので、ついつい見とれてしまいます。
また、小物だけでなく、

  • 光の使い方
  • 写真を撮るアングル
  • 被写体との距離感

など、撮影するための様々なポイントに気を使っているのが分かります。

Maki(@makichi.note)

この投稿をInstagramで見る

Maki(@makichi.note)がシェアした投稿

Maki(マキ)さんは、デザイナーとしても活躍されているデリスタグラマーです。
フォロワー数は、約2.8万人です。

Makiさんの投稿の特徴は、食器などの小物にこだわっているところです。
和食を撮影する際には、食器やお盆など、和テイストのものを使用しています。
また、被写体以外をぼかして、メインの料理を強調するなど、撮影方法にも工夫が多くされています。

キャプションには、メニューと料理に関するストーリーが書かれています。
また、多数のハッシュタグを用いているのも特徴的です。

Mizuki(@mizuki_31cafe)

Mizuki(ミズキ)さんは、料理研究家であり、スイーツコンシェルジュとして活躍されているデリスタグラマーです。
フォロワー数は、約98.3万人で、非常に人気の高いデリスタグラマーです。

Mizukiさんの投稿の特徴は、雑誌を読んでいるような写真の編集がされていることです。
複数枚の写真に分けて、細かく作り方を説明しているので、誰でも簡単に再現できるようになっています。

キャプションには、レシピや作る際のポイントなど、非常に見やすくまとめられています。
また、多数のハッシュタグを用いているのも特徴的です。

pepe(@pepe39)

この投稿をInstagramで見る

pepe ぺぺ(@pepe39)がシェアした投稿

pepe(ぺぺ)さんは、デリスタグラマーとしては珍しい男性デリスタグラマーです。
フォロワー数は、約8.4万人です。

pepeさんはの投稿の特徴は、リールを用いた動画投稿を行っているところです。
写真ではなく動画として投稿することで、料理の躍動感を伝えることが出来ます。
写真では伝えきれない良さを伝えるべく、こだわった編集に注目して見てみてください。

みずか(@xmizukax)

この投稿をInstagramで見る

みずか(@xmizukax)がシェアした投稿

みずかさんは、フーディストアワード'19 '20インスタ部門でグランプリを受賞された経験があるデリスタグラマーです。
フォロワー数は、約7.5万人です。

みずかさんの投稿の特徴は、お弁当に関する投稿が多いことです。
毎朝お弁当を作っていると、マンネリ化してしまいます。
そんなお弁当ネタに困っている主婦から人気を集めているデリスタグラマーです。

お弁当には、ただ具材を詰めるだけでなく、色合いや形を意識した構図になっています。
見るだけでも楽しめるお弁当の投稿を数多くしています。

ケイコゴハン(@keikogohan)

ケイゴハンさんは、料理教室の講師を務めるデリスタグラマーです。
フォロワー数は、約5.5万人です。

ケイゴハンさんの投稿の特徴は、1枚の料理の写真に、作り方と必要な物まで全て記載されていることです。
写真1枚見るだけで、同じ料理が作れるように工夫されています。
必要なことを長文で書かれていることが無く、簡単に理解できることがメリットです。

キャプションには、料理に関するコメントやアドバイスが書かれています。
また、多数のハッシュタグを用いているのも特徴的です。

デリスタグラマーは企業から求められる

業務を外注する(業務委託)

InstagramなどのSNSで活躍する人をインフルエンサーと呼びます。
デリスタグラマーの中で人気のある方は、インフルエンサーと呼ばれることがあります。

デリスタグラマーは、企業から注目されています。
近年では、マーケティングにおいて、ソーシャルメディアが大活躍しています。
特に、おしゃれな風景や食べ物の写真を投稿しているInstagramでは、様々なマーケティングと相性が良いです。
したがって、Instagramは企業でも人気が高いソーシャルメディアとして知られています。

インフルエンサーは、フォロワーの数が大きく影響力があるので、多くの場面で活躍しています。
「食べ物」をメインに投稿するデリスタグラマーも企業から注目されています。

デリスタグラマーが扱う「食べ物」は、様々なジャンルと相性が良いです。
例えば、

  • 食事を魅力的に見せる食器
  • キッチン用品
  • 撮影をするときの機材
  • 背景のインテリア雑貨

など、食べ物以外でも様々あります。
「食」といっても、様々なことを紹介できるのが、デリスタグラマーの大きな魅力です。
したがって、企業はデリスタグラマーをマーケティングに採用したいと考えます。

食をテーマとしたイベントを企画できる

イベントとして企画しやすいカテゴリーは、

  • 季節
  • 地域

などが関連していると企画しやすいです。
上記のカテゴリーは、料理に関連するものばかりです。
したがって、企業はキャンペーンを企画する際に、デリスタグラマーを活用しようと考えます。

また、企業にとって、キャンペーンを企画しやすいということは大きなメリットになります。
一般の方たちと密着しているデリスタグラマーは、消費者にアプローチしやすい存在です。
したがって、デリスタグラマーは、企業に好まれやすいです。

デリスタグラマーのメインは人以外

料理の投稿には、

  • 食べ物
  • インテリア
  • 食器
  • 調理器具

など、人以外のものがメインとして登場します。
人がメインではないので、見ている人たちにストレスを与えません。
また、反感を買う人も少ないので、トラブルになるリスクを抑えられます

デリスタグラマーが扱うジャンルは「食べ物」なので、人を中心にするということはありません。
インフルエンサーが魅力的で有名すぎると、「食べ物」の魅力が少なくなってしまいます。
人物ばかり注目されると、食べ物の魅力をアピール出来ません

「食べ物」を紹介することで、良いものだけが高い評価を得ます。
人が関係していない分、人に対する評価で食べ物の評価が変化しません。
デリスタグラマーが企業に求められやすいのは、純粋に食べ物の魅力を紹介するからです。

インスタ映えする食事の写真の撮り方

インスタ映えする写真の撮り方について、重要なポイントを紹介します。
上記で紹介した事例と併せて、ぜひ参考にしてみてください。

自然光を使う

スマホのフラッシュの機能を切り、自然光をうまく使うことで、影の浮き出る深みのある写真が撮れます
撮影は、基本的に自然光を使うことが大切です。
フラッシュを使うと、全体的に光が当たり、立体感の無い写真になってしまいます。

しかし、自然光を使うと、被写体が立体的に表現されます
したがって、奥行きのある写真になります。
光は正面から当てるよりも、横から逆光にすることで、影のついたおしゃれでインパクトのある写真が撮れます。

アングルを工夫する

全体を見せつつ、カラーバリエーションや配置を工夫することで、人目を惹く鮮やかな写真を撮影できます。
アングルを工夫するだけで、ユーザーの好奇心を掻き立てる面白い写真になります。

普段は、横あるいは上からものを見ることが多いものです。
真上からのアングルだと全体の美しさを表現できます。

また、下からのアングルで撮ることもおすすめです。
普段見られないユニークな発見を演出できます。
下からのアングルを取り入れることにより、見る人に面白いと感じてもらえます。

距離感を調節してみる

遠くから距離をとって撮影すると良いです。
背景の中に被写体が浮かび上がるような状況を作ることで、目に留まりやすくなり、見るユーザーの印象に残りやすくなります
被写体との距離感に変化を付けることで、写真に面白みを生み出せます。

食べ物やスナップ写真でも、引き気味で被写体を真ん中に持ってきただけでは、単純な印象になってしまいます。
思い切って画像をアップにしてみるだけで、メリハリが付き、おしゃれになります。

ピントを調整してぼかしを取り入れる

距離感とぼかしを組み合わせることで、個性的な写真を撮ることが出来ます。
ピントを調節してぼかしを取り入れることで、写真に立体感が出て、被写体を浮かび上がらせる表現が出来ます

  • おしゃれな写真を演出したい時
  • 注目させたい時

などに活用できます。

  • 遠近法
  • ぼかし

を組み合わせて、ユニークな写真を撮影することも出来ます。

正方形で撮影する

ストーリーズのサイズは、長方形のサイズで投稿している人が多いです。
したがって、写真サイズは「9:16」で撮影するのがおすすめです。

しかし、Instagramの投稿写真のサイズは、正方形のサイズになっています。
最初から正方形で撮影することで、撮った時の配置バランスを崩すことなく投稿できるのがポイントです。

余白をつくってみる

華やかさや賑わいを表現したい時は、画面いっぱいに撮影するのがおすすめです。
コーヒーや雑貨など、1つの被写体を主役に撮影する場合、余白を作るのがポイントです。
余白を作ることで、ゆとりができ、洗練されて見えます

明るい写真にする

写真が暗い場合は、はっきりと被写体が見えるように明るめに加工することが大切です。
写真を撮る際に、わざと暗く写す場合もあります。
しかし、被写体の魅力は、十分な明るさがあって初めて人に伝わるものです。

トリミングを使う

トリミング機能は、あらかじめスマホ機能として内蔵されている場合が多いです。
トリミングは、写真を切って一部を使うことです。
傾きは、画像を時計回りか反時計回りに動かして、被写体などの水平を撮り直す加工です。
「写真のどこを使うか」というのはインスタ映えの写真で重要なポイントとなります。

基本的には、写っているものがバランス配置されている状態がベストです。
しかし、効果的に余白を出すと魅力的な写真になります。
例えば、料理は高低差を置いて配置するなど、写真が洗練された雰囲気になります。

料理の主役に近づけて撮影する

写真の真ん中に主役が来るようにレイアウトを意識しましょう。
主役の料理の手前や奥には脇役が写るようにすれば、自然と料理が目立つ写真になります。

撮影を失敗する時によく見かけるのが、全体を写真に入れ、写真にインパクトがなくなってしまうケースです。
主役の存在感を出すためにも、主役にカメラを近づけて撮影しましょう。

ジュースやお酒などの液体をおしゃれに写す

液体のものを撮影する時には、光を通して撮影するのが良いです。
液体の色と影のコントラストがはっきりとした印象になります。
理想の撮影環境は、太陽光が降り注ぐ店内での撮影です。
しかし、環境を整えるのが難しい場合は、市販されているスマホライトや友達のスマホで光を灯してもらい撮影しましょう。

撮影後の修正でより美味しそうにする

料理の美味しさを写真で伝えるためには、より美味しそうに見せる必要があります。

  • 明るさ
  • コントラスト

など、写真を加工することで、より美味しそうな写真に仕上げることが出来ます。

写真を加工するためには、元々スマホに備わっている機能でも、十分に写真をきれいに補正することが出来ます。
少し手を加えるだけで、よりプロっぽい写真になります。
さらに、加工アプリを使用することで、もっと良い仕上がりにも出来ます。

デリスタグラマーのような写真を撮るポイント

コルクボードに貼られた黄色い紙に書かれた光っている電球の絵

人気があるデリスタグラマーが写真を投稿する際に大切にしているポイントについて紹介します。
写真を撮るときのコツは、

  • 自然光
  • 構図
  • 色彩感

です。
上記の3つのポイントを意識することで、写真の魅力はアップします。
具体的に、どのようなことについて意識すると良いか説明します。

撮りたい写真をイメージする

  • 食器の置き方
  • 料理に添えられたエピソード
  • 自然光の使い方

など、好きな要素がどこにあるのか探すことが、インスタ映えする写真を撮るコツです。
Instagramに料理写真の投稿する際に、自分がいいなと思う写真をいくつかピックアップしてみましょう。
ピックアップした写真のどこが魅力的なのかを探すことがとても重要です。
まずは目指したい写真をしっかりとイメージすることが大切です。

自然光を利用する

料理によって、食器をこだわり、ランチョンマットを敷いておしゃれな雰囲気を演出しましょう。
和食なら小皿を使い、洋食ならシンプルなお皿にするなど、こだわりを感じさせるとおしゃれな写真になります。
人工の明かりと自然の光では、写真の雰囲気がまったく変わります。
光はとても大切で、自然光の光の方が素材の良さを活かせます

構図にこだわる

写真を撮る時に、写真の構図にこだわりましょう
インパクトのある写真にするには、断面のアップや真上から撮ってみると良いです。
構図を意識することで、食べ物を格段に美味しそうに見せられます

色彩感を大切にする

トマトの赤や、野菜の緑を足してみましょう。
食べ物の色を足すだけで、見栄えがアップします。
味を感じられないデリスタグラマーの料理写真は、より一層彩りが大切になります。

いつもの料理に

  • 黄色

などの鮮やかな色をプラスするだけで、見栄えの良い写真を撮れます。

デリスタグラマーが気を付けていること

スマホと女性

デリスタグラマーが撮影する際に気を付けていることについて説明します。

テーブルコーディネートに気を配る

写真の背景や食器にこだわることは大切です。
100円ショップで必要なアイテム購入し、費用をかけずおしゃれに写真を撮影するよう工夫しています。
また、一つひとつの写真をこだわるため、たった1枚の写真のために10~100枚の写真を撮ることもあります。

基本的に自然光が利用できる、午前中に撮影をすることが多いです。
午後2時以降には、カーテンを使い光の調整をするなど対策をしながら撮影を進めます。

写真を撮る時には、料理を引き立てる食器やカトラリーにこだわることが大切なポイントです。
彩りを意識して、小物の配置など素敵な食卓を作ることに気を配っています。

日常の雰囲気を大切にする

投稿の際には、読みやすい文章を心掛けることがポイントです。
写真に添えられたコメントにも注目してみましょう。
食べ物に関する文章は大切です。

  • 思わず食べたくなる
  • マネしたくなる

ような表現をすることがおすすめです。
デリスタグラマーの投稿には、写真がより良く見えるようなコメントが添えられています。

インスタのユーザーは、スマホで投稿を見ることが多いです。
したがって、漢字を多く使い改行のない文は読みにくいです。
誰でも読みやすい文章を作ることを心掛けましょう。

テーブルコーディネートにこだわる

小さな器などを使い、テーブルコーディネートにこだわると素敵な写真になります。
メインである料理が目立つよう、脇役の小物や背景はおさえるようにしましょう。
料理の素材の色を活かすように、洋食ならホワイトの食器を使うと良いです。
和食なら小鉢を使いましょう。

新鮮さを表現する

「料理を今すぐ食べたくなるような写真」を目指すことが大切です。
野菜は、日の光に直接当てると、しおれてしまいます。
野菜のみずみずしさを出すために、霧吹きなどで水を少々かけると、新鮮さを演出した写真が撮影できます。

ハッシュタグを活用する

デリスタグラマーに限らず、多くのインスタグラマーがハッシュタグを活用しています。
ハッシュタグを活用することで、同じハッシュタグを付けた投稿を探すことが出来ます。
同じハッシュタグが付いた投稿には、関連性の高いハッシュタグが数多く付けられています。
したがって、他の関連のあるハッシュタグから、自分の投稿へたどり着くことがあります。

ハッシュタグを付けることで、多くの方に見てもらう機会が増えます
オリジナルの人気のあるハッシュタグを用いることで、注目度は高くなります。

まとめ

ペンでノートに英語が書かれている画像

デリスタグラマーのように、おしゃれな写真の撮り方やポイント紹介しました。
Instagramの中で「食べ物」をテーマとするデリスタグラマーは、多くの企業に求められています

また、デリスタグラマーは、プロではなく一般の方が多いです。
したがって、一般ユーザーでも親しみを感じやすくなっているので、マーケティングとの相性が良いです。

デリスタグラマーの魅力は、

  • すぐマネできる
  • マネしてみたい

と感じさせることです。

食べ物は、人として関わりの深いジャンルです。
したがって、必然的に関心が集まります。
日々の料理を少しこだわってみることで、誰でもデリスタグラマーのような写真を撮ることが可能になります。
ぜひ試してみてください。

インスタグラムのアカンウト運用代行しませんか?
InstaCloud(インスタクラウド)_CTA
  • Instagramのアカウントを運用しているけど
    なかなかフォロワーが伸びない…
  • Instagramで集客したいけど
    任せれる人がいない…

こんなお悩みはありませんか?

アカウント運用代行業者に任せれば全て解決できます。

おすすめの記事