Twitterの動画とは?アップロードの方法・仕様・注意点などを解説
インスタクラウド広告_目次下_600_400

Twitterの動画とは?

スマホとツイッター(Twitter)

Twitterは、日々進化しています。
リリース当初は、文字文化が普通でした。
しかし、文字文化から画像文化に主流は変わっていきました。
そして、現在の主流は動画に代わっていると言えます。

Twitterでは、最大2分20秒の動画をアップロードすることが出来ます。
したがって、YouTubeなどと同じように、動画を投稿する人たちが増えています。
そのため、今後はTwitterの動画投稿がカギを握ると言えます。

いつまでも画像や文字ばかりの投稿を続けていると、ユーザーに見放される可能性があります。
文字や画像より、動画の方がたくさんの情報を伝えることが出来ます

Twitterにアップロード可能な動画のサイズ・形式

タブレットからファイルが飛び出る

Twitterにアップロードできる動画のサイズ・形式にはルールがあります。
状況によって、ルールは変わるので、詳しく説明します。

主な動画アップロードの使用は、以下のようになっています。

アプリ版ブラウザ版
アスペクト比16:91:24~39:1
動画の形式MP4、MOVMP4
ファイルサイズ512MB512MB
時間2分20秒以内2分20秒以内
解像度(最小)32 x 3232 x 32
解像度(最大)1,920×1,2001,920×1,200
フレームレート(最大)40fps40fps
ビットレート(最大)25Mbps25Mbps

Media Studioのライブラリへのアップロードの仕様は以下のようになります。

Media Studioのライブラリへのアップロードの仕様
アスペクト比16:9
解像度1,280×720、720×720
最大フレームレート30~60fps
最大ビットレート3,000kbps
ファイル形式MP4、MOV
長さ2分20秒以内(条件を満たすと最長10分)
ファイルサイズ最大1GB

Twitterに動画を投稿する方法

カメラで動画撮影をする画像

Twitterに動画を投稿する方法を解説します。
動画を投稿する方法は簡単ですので、覚えて使ってみましょう。

スマホで撮影してアップロードする場合

ツイート作成
始めに、ツイート画面を開きます。
そして、カメラマークをタップします。
Twitterの動画撮影
画面下部の「撮影」から「動画」に切り替えます。
Twitterの動画を使う
撮影が終了すると、再撮影するか撮影した動画を使うかを選択します。
動画をツイートする
撮影した動画を使ってツイートを作成します。
ツイート内容が完成したら、画面右上の「ツイートする」をタップしてツイート完了です。

スマホで既存の動画をアップロードする場合

既存の動画をツイート
ツイート画面に移行します。
アップロードしたい動画を選択します。
動画を編集
アップロードする動画の長さを調節します。
動画の詳細設定
アップロードする動画が
・ヌード
・暴力
・センシティブな内容
にあたる場合は、チェックを入れます。
動画をツイートする
ツイート文を記入し、ツイートするとアップロード完了です。

ブラウザで動画をアップロードする場合

PCTwitterツイート
ブラウザ版のTwitterを開き、ツイート画面の左のアイコンをクリックします。
PCTwitter動画アップロード
アップロードしたい動画を選択し、画面右下の「開く」をクリックします。
PCツイート作成
ツイートに動画が配置されるので、必要なツイート文を記入し「ツイートする」ボタンをクリックすることで、動画のアップロードが完了します。

Twitterの動画アップロードの注意点

ペイントが剝がれかけているオレンジの壁に描かれた注意マーク

Twitterの動画アップロードの方法について解説しました。
次に、動画をアップロードする際の注意点を説明していきます。

アップロードの仕様に注意する

動画をアップロードする際には、アップロードの仕様について十分に理解しなければなりません
例えば、動画の再生時間が1秒でも長ければ、アップロードすることが出来ません。
また、ファイルサイズに関しても同様のことが言えます。

せっかく編集して作った動画をアップロードしようと思っても、エラーでアップロードが出来ないことがあります。
したがって、動画を編集してアップロードする場合は、しっかりと仕様を確認してから編集するようにしましょう

Twitterに高画質動画をあげたい

Twitterで動画投稿をする際は、高画質の動画をあげたいと思う方は多いです。
しかし、Twitterでは、あまりにも高画質な動画は自動的に調整されてしまいます

具体的には、動画のサイズが圧縮されてしまいます
撮影した時よりも画質が悪くなってしまいます

ポイントになってくるのは、あまりに高画質な設定で撮影しないという点です。
数字の目安としては、解像度が720pxを最大値と考えると良いです。
画質が720px以上の動画になると、勝手に圧縮されてしまい、画質が荒くなる可能性があります。
720pxといっても、かなりきれいな動画を撮影出来ます。

また、ビットレートが大きすぎても、アップロードした時に調整される可能性があります
ビットレートは2,000kps以下にするようにしましょう。

さらに、どうしてもTwitterに高画質な動画を投稿したい場合には、リンクを上手く利用すると良いです。
リンクを使用して動画をアップロードすることで、大差ないような効果を得ることが出来ます

具体的には、YouTubeやオンラインストレージを利用して、動画をアップロードします。
そして、アップロード先のリンクを貼った投稿をするというものです。
YouTubeやオンラインストレージならば、かなりの高画質な動画に耐えることが出来ます
Twitterのサーバー上よりも動画に関するマネジメントが実施しやすくなります。

まとめ

ペンでノートに英語が書かれている画像

Twitterでの動画のアップロード方法について解説しました。
動画をアップロードするためには、動画をアップロードするための仕様を守らなければなりません
仕様を守らなければ、アップロードすることが出来ないので、注意してください。

また、アップロードする際に、動画が高画質であると、自動的に動画が圧縮される恐れがあります。
動画が圧縮されると、アップロードした動画の画質が悪くなります。
したがって、動画の画質は、720pxを基準にしてアップロードすることがおすすめです。
高画質の動画をアップロードしたいのであれば、YouTubeやオンラインストレージを利用して、動画をアップロードしましょう。
アップロード先のリンクをツイートに貼ることで、高画質の動画をアップロードすることが出来ます。

インスタグラムのアカンウト運用代行しませんか?
InstaCloud(インスタクラウド)_CTA
  • Instagramのアカウントを運用しているけど
    なかなかフォロワーが伸びない…
  • Instagramで集客したいけど
    任せれる人がいない…

こんなお悩みはありませんか?

アカウント運用代行業者に任せれば全て解決できます。

おすすめの記事