一般人でもInstagramで有名人に負けないインフルエンサーになれる時代!

インフルエンサーとSNSにおける有名人

インスタグラマー画像

インフルエンサーとはSNSによる情報配信を通じて、ネットユーザーを中心に大きな影響力を持つ人のことです。

榊原
その人のライフスタイルやファッションを多くのフォロワーが真似したり、利用しているコスメやブランドをフォロワーが買い漁ったり、紹介した商品が一躍ヒット商品になるなど、トレンドや商品購入にまで大きな影響力を与えます。

SNSによる情報配信によって人気を集めているインフルエンサーとしては、古くは多くの読者を抱えるブロガーが中心でしたが最近では、

  • 映像を通じておもしろおかしく、詳細な情報を配信するユーチューバー
  • 画像を中心におしゃれなスタイルを発信するインスタグラマー
  • ユニークな映像を公開するティックトッカー
  • 事前に収録された映像や静止画ではなく、リアルタイムで映像などを配信するライバー

などが影響力を増しています。

一般人でも人気インフルエンサーになれる時代

榊原
インフルエンサーはSNSの世界ではコアなファンを持ち、その拡散効果を通じて、どんどんフォロワーを増大させている有名人ですが、さらに広く知られているような政治家やタレント、アーティストなどの有名人とは異なり、もともとは一般素人です。

ただの学生さんやフリーター、主婦やOL、会社員といった経歴の方が少なくありません。

それでも、インフルエンサーとなることで、

  • 日々の料理の写真をアップしていたインスタグラマーの主婦が、出版社からオファーを受けて料理本を出版してベストセラーになる
  • 学生さんやフリーターが企業から商品プロデュースを依頼されたり、商品コマーシャルを依頼されて報酬を得る

    など、近年とても増えてきました。

    中には趣味で写真を撮影して、インスタにアップするのが単なる楽しみだった方が、どんどんフォロワーを増やし、フォトグラファーとしての仕事の依頼が入るようになり、ついには会社を辞めて本業にしてしまった方もいます。

    アメブロなどのブログ更新は継続は至難の業

    アメブロ画像

    日本人のインフルエンサーといえば、ブロガーとして更新度数が多い

    • 辻希美さん
    • 市川海老蔵さん

    が有名ですが、ブログは文章での表現が難しかったり、初めても更新がすぐにストップしてしまう有名人も少なくありません。

    また、ちょっとした発言が炎上を起こしたり、いわれのないコメントで批判を受けるなど運用に難しい局面もあり、ブログを書く有名人は限られています。

    インスタグラムは芸能人問わず誰でも投稿しやすい

    有名人インスタ投稿画像

    アメブロなどのブログ更新に対して、積極的に情報公開をしなさそうな有名人も利用して話題を集めているのがインスタグラムです。

    写真とわずかなコメントや、写真だけでも気軽に投稿ができるので、

    • ペットの写真
    • 作った料理の写真
    • 自撮り写真
    • タレント仲間との写真
    • 仕事の一コマ

    などをアップする有名人が増えています。

    女性を中心にフォロワーがついている憧れの存在である石田ゆり子さんの飼い犬の画像が話題になったり、柴咲コウさんのモーニングルーティーンやオーガニックなライフスタイルが話題になったりしています。

    また、氷川きよしさんの美しい姿や手料理が話題を集めたり、桐谷美玲さんが結婚した後の新婚手料理がすごいと話題になったりと、有名人のインスタグラムは人気を集めやすいのが特徴です。

    膨大なフォロワーを抱える日本の有名人インスタグラマー

    Instagram画像

    女優さんや歌手、モデルさんなどのインスタグラムが話題を集めやすいのは、

    • ネットニュース
    • テレビのワイドショー

    などで取り上げられるなどし、それで知った人たちがフォローするなどして、フォロワーを増やしていく点に特徴があります。

    これに対して、ネットニュースなどで取り上げられる以前から、爆発的にフォロワーを集めてきた有名人もいるのです。

    藤田ニコルインスタ画像

    たとえば、10代、20代の女の子たちに絶大な支持が寄せられる藤田ニコルさんはファッションリーダーとして367万人のフォロワーを誇ります。

    山田孝之インスタ画像

    また、ユニークな投稿で人気を高めた俳優の山田孝之さんは314万人のフォロワーを有しています。

    国内でフォロワー数が圧倒的な渡辺直美さん

    有名人インスタ画像

    フォロワー数が圧倒的なのは芸人の渡辺直美さんです。

    ニューヨークなどでもブレイクし、もともと海外でも人気が高い彼女は、900万人を超えるフォロワーを有する日本一のインスタグラマーです。

    日本語でブログを書くよりも、写真だけでも「いいね!」とコミュニケーションがとり合えるインスタグラムは世界へと影響を与えるツールとなります。

    アメリカのTIME誌がネット上でもっとも影響力がある25人を選んだ際には、日本人で唯一、渡辺直美さんがランクインしました。

    渡辺直美さんが立ち上げたアパレルブランドを購入しているのは、その多くがインスタグラムのフォロワーだと言われています。

    インスタグラムとアパレルブランドのコラボレーションでいえば、太めの女性や胸が大きくて悩んでいる女性向けの下着を考案したタレントのバービーさんのインスタグラムも話題を集め、商品化もなされています。

    インフルエンサーは有名人とは限らない時代に

    メグベイビー画像

    インスタグラムなどのSNSの世界では、有名人だからネット上でもインフルエンサーになれるという構図だけでなく、SNS上でインフルエンサーになった人が一躍有名人になるケースも増えてきました。

    アイディアやクリエイティブさ、発信力や表現力があると、素人でもインフルエンサーになれ、さらにそこから有名人になることも少なくありません。

    美容やコスメのPRで話題を集めていたインスタグラマーのMEGBABYさんは85万人を超えるフォロワーを集め、有名なテレビ番組のAnother Skyで紹介されたほどです。

    フォロワー7万人を超えてくると仕事のオファーが

    インスタグラマー画像

    趣味で始めた写真の投稿が認められてフォトグラファーへと転身してしまった本業へFUKUDA HIROAKI(福田洋昭)さんは53万人のフォロワーがいます。

    榊原
    インスタグラムでのフォロワー数は100人、1,000人、1万人と次第に増えていき、インスタグラムを始めて2年ほどしてフォロワーが7万人になった頃、メールで仕事の依頼が入ったといいます。

    レミーマルタンより広告案件の依頼

    レミーマルタン画像

    世界的に有名なコニャックブランドのレミーマルタンからのオファーで、インドに3日間滞在して撮影した写真を自分のアカウントに投稿してほしいいう内容だったのです。

    榊原
    海外旅行に行けて、好きに撮影をして自分のインスタグラムにアップすることで、報酬ももらえるという内容です。
    彼自身、「こんな夢のような仕事があるんだ」と感動したと言います。インフルエンサーになったことで、好きなことが仕事になった好事例といえるでしょう。
    おすすめの記事