YouTubeの運用代行とコンサルティングのどちらがおすすめ?
インスタクラウド広告_目次下_600_400

YouTubeの運用代行とは?

youtuber(ユーチューバー)の撮影の様子
YouTube(ユーチューブ)の運用代行とは、文字どおり、YouTubeチャンネルの運用に関係する事柄をすべて一括で請け負ってくれるようなサービスを指しています。

  • 企画
  • 撮影
  • 編集
  • 投稿

などのすべてを対応してくれます。
中には、コメントの返信対応も代行してくれる会社もあります。

もちろん、YouTubeを運用する上でのノウハウが豊富なので、プロの目線でYouTubeチャンネルを運営することができます。
運用代行を利用すれば、YouTubeに関する仕事はすべて丸投げすることができるので、大きな手間を軽減することができます。

YouTubeコンサルティングとは?

iphoneでライブ撮影をする準備をしている画像
YouTubeの運用代行とよく比較されるのが、YouTubeのコンサルティングです。
YouTubeのコンサルティングとは、YouTubeの運営に関するアドバイスをしてくれるサービスです。
インサイト情報を分析して、チャンネル登録者数や視聴回数を伸ばすための具体的なアドバイスをしてくれます。
運営に関するアドバイスのため、動画の撮影や編集、投稿については、基本的には自分たちでやらなければなりません。
また、大きな特徴として、運用代行に比べると、比較的安価な値段でサービスを提供しているというものがあります。

YouTubeの運用代行とコンサルティングを比較

会社と組織

YouTubeの運用代行かコンサルティングか、どちらを選べばよいかわからないという人も数多くいます。
それぞれ専門の企業もあり、両方対応しているような企業もあります。
どちらにも共通するのは、どちらにも優秀な企業が存在するという点です。
つまり、適材適所で使っていくことが、重要になってきます。

手間を軽減したいなら運用代行

YouTubeへの動画投稿は、自社にとって欠かせないものですが、動画投稿をするための人員を確保することができないという企業もあります。
動画投稿する人員を確保できない企業には、運用代行の方がおすすめです。

運用代行は、YouTubeにおける一切の手間を代行してくれるサービスです。
YouTubeの運用は代行会社に完全に任せて、自分たち元々の業務に集中するといったこともできます。
YouTubeの運用によって、代行費用をまかなえるだけのパフォーマンスを確保できるのであれば、決して悪い選択肢ではありません。

低コストでYouTube動画の質を高めたいならコンサルティング

コンサルティングのメリットは、低価格で利用できる点です。

運用代行に比べると、低価格で利用できるという点になっていて、上手くアドバイスが合致すれば、低価格で高いパフォーマンスを発揮することができる可能性があります。
動画の質を高められる可能性があるというのは、運用代行もコンサルティングも一緒なので、プロセスに多少の違いがあるという点を把握しておくのが重要です。

自分たちの味を損ないたくないならコンサルティング

YouTubeのチャンネルを運営するにあたって、自分たちのチャンネルの味を突きつめたい人たちは、コンサルティングがおすすめです。

運用代行の場合は、自社をテーマにした動画投稿をすることは可能ですが、自分たちが撮影して、編集するという手間を省略してしまうため、どうしても熱意などが動画に十分に入らないことがあります。
もちろん、上手くやってくれる代行業者もいますが、やはり、完全に自分たちで対応した完全なオリジナル動画に比べると、多少の違いは出てきてしまいます。
一方で、コンサルティング会社の場合は、あくまでも自分たちの方向性に関してのアドバイスをくれるだけなので、動画の作成者が注意すれば、動画の味を損なうことはありません。

YouTubeコンサルティングにおすすめの企業まとめ

ビル群(会社)
初めに、YouTubeのコンサルティングをする際にオススメの企業を紹介していきます。
どれもハイレベルなコンサルティングをしている企業になるので、ぜひ確認してみてください。

株式会社キャストダイス

株式会社キャストダイスは、教育とコンサルティングを軸にした活動をしている企業になっています。
また、軸は教育とコンサルですが、技術はさまざまなことに応用することができるので、事業の幅は非常に広くなっています。
CASTDICE TVというチャンネルを運営していて、登録者は8万人以上となっています。
アプローチが難しいので、CASTDICE TVの分野は、なかなか参入が難しいジャンルといわれています。
CASTDICE TVの分野でたくさんの登録者を獲得しているという点は、素直に認めるべき部分です。
それぞれのユーザーにあわせるために、3つのプランが用意されているので、柔軟性のあるサービスです。
具体的に、プランによって何が違ってくるのかというと、定期ミーティングの回数や、コンサルティングの範囲などです。
しっかりとコンサルティングしてほしいのならば、上位プランを選び、なるべくコストをおさえたいのならば、下位のプランを選ぶことがおすすめです。
チャンネルの立ち上げはもちろん、効果的な企画キャンペーンのアドバイスなどもしてくれます。
また、株式会社キャストダイスの強みは、動画やサムネイルの改善です。
単に感覚でアドバイスをくれるのではなく、しっかりと実績やデータに基づいたアドバイスをしてくれるので、改善効果を見込めます。

公式サイト:https://www.castdice.co.jp

BEASTAR株式会社

BEASTAR株式会社(ベアスター)は、YouTubeのコンサルティングもやっていますが、YouTubeだけではなく、TwitterやInstagramも手がけています。
SNSを使ったマーケティング能力は非常に高く、今までのサービスによって蓄積されたノウハウも、かなりのものです。
また、TwitterやInstagramにも詳しいので、YouTubeとTwitter、Instagramを連動させた企画などのアドバイスについても期待できます。
さらに、BEASTAR株式会社のコンサルティングの経験は、各ジャンルであります。
各ジャンルであるため、美容ジャンルのチャンネル運営であっても、商業施設の運営であっても、問題ありません。
医療や行政のチャンネル運営にも携わったことのあるくらいなので、どんなジャンルであっても、的確なアドバイスを期待できます。
また、コンサルティングだけでは物足りないと感じた場合には、動画制作をしてもらうこともできます。
動画制作では5万再生の保証がつくので、安心して依頼することができます。
さらに、SNSを使ったマーケティング全般に長けている企業なので、インフルエンサーマーケティングの依頼などにも対応してもらうことができます。
タレントやMCなどとの太いパイプももっているので、洗練されたキャスティングを期待することができます。
サービスの対応範囲は広いので、打ち合わせで、いろいろなコミュニケーションをとってみると良い提案をしてくれます。

公式サイト:https://bea-star.co.jp

株式会社Faber Company

Faber Company(ファベルカンパニー)は、SEOやコンテンツマーケティングの際に役立つツールを提供している企業で、技術力はかなり高いです。
具体的には、ウェブのコンサルティングを幅広く請け負っている企業になっていて、対象は法人です。
今までのノウハウの蓄積をかたちにしたいと着手したのが、SEO、コンテンツマーケティングツールのMIERUCAです。
Faber Companyにコンサルティングを依頼した際には、マーケティングツールを有効活用しながら対応してもらうことができます。
具体的にマーケティングツールを利用すれば、どのようなことができるのかというと、チャンネルの登録状況がわかるだけではなく、トラフィックソースなども、わかりやすく表示してくれます。
マーケティングツールになれていない人でも、わかりやすい直感的な操作なので、すぐに使いこなすことができます。
利用すれば、競合比較なども簡単にできてしまうので、YouTubeにおいて、どんなライバルが存在するのかを明確にすることができます。
また、Faber Companyは、単純にコンサルティングを依頼することもでき、撮影や編集までも依頼することができるのでコンサルトと代行の両方の顔をもっている企業です。

公式サイト:https://www.fabercompany.co.jp

株式会社グローバルマーケット

株式会社グローバルマーケットは、様々なサービスを手がけている企業です。
多種多様な媒体における広告代理業をしている顔ももっており、世界に向けてコンテンツ輸出業などを手がけている部分もあります。
幅広い経験から出てくるアドバイスは、洗練されたSNSコンサルティングになってくれます。
基本的には、企業のYouTubeチャンネルに対応したサービスを提供しているので、YouTubeコンサルをしてもらいたい企業にとってはぴったりです。
グローバルマーケットのコンサルティングは、徹底的にデータを分析することからはじまります。
アクセス状況だったり、カテゴリーの最適化だったり、データに基づいてさまざまな施策をしてくれます。
さらに、継続的なアドバイスを期待することができるので、着実にチャンネルの成長へとつなげていくことができます。
さらに、グローバルマーケットは、名前のとおり、グローバルな視野をもっています。
YouTubeだけに特化したサービスではなく、FacebookやTwitterなどのアカウントと連携した運営方針をアドバイスするのが得意です。
全てのコンテンツと連動することによって、いっそうの相乗効果を得ることができるので、把握しておきたいポイントです。

公式サイト:https://www.global-market.co.jp

株式会社フロンティアチャンネル

株式会社フロンティアチャンネルは、動画制作に関するノウハウに長けたサービスです。
というのも、YouTube向け動画の制作だけではなく、以前よりウェブ関連の動画制作に携わってきた企業です。
また、BGMや音楽を制作したり、ライブ配信を企画したりと、動画コンテンツを総合的にプロデュースすることができるサービスでもあります。
動画制作というのは、センスが求められる部分なので、実績をもつ企業にアドバイスを受けることができれば、チャンネル躍進につながってきます。
また、コンサルだけではなく、インフルエンサーマーケティングの際のキャスティングなどにも対応しており、チャンネルの開設なども請け負っている企業です。
コンサルだけではなく、代行業者としても利用することができるので、状況に応じたサービスを期待することができます。
さらに、フロンティアチャンネルのコンサルサービスは、かなり低価格から利用することができます。
月額30000円からのお試しサービスで、アカウントの設定方法に関する疑問に答えてもらったり、動画再生を伸ばすためにはどうすればいいのかのアドバイスなどを受けたりすることができます。
また、上位プランを利用することによって、企画やサムネイル制作などにも対応してもらうことができます。
キャスティングサービスについても、俳優やモデルといった人たちとの間に太いパイプをもっているので、期待できます。

公式サイト:https://www.frontierchannel.jp

株式会社火燵

火燵(こたつ)は、コンサルティングを手がける企業ですが、動画制作なども行っています。
ウェブマーケティングの分野でも有名な企業になっていますので、マーケティングの分野で得たノウハウを有効活用して、YouTubeのコンサルをしてくれます。
火燵は、徹底的に成果や売上にこだわるサービスを提供しています。
コンサルティングをしてもらっても、結果にあらわれなければ意味がありません。
結果を心配をしている人たちにとっては、とても頼れる存在です。
ちなみに、コンサルの方法ですが、ウェブ会議やチャット、メールなどを使ったものになります。

公式サイト:https://kotatsu.info

YouTube運用代行におすすめの企業まとめ

白いTシャツを着ている男性がカメラに向かって指さす画像

次に、YouTubeの運用代行のオススメ企業を紹介します。
運用代行に特化したサービスを紹介するので、コンサルをしてくれる企業と比較してみてください。

株式会社ロックハーツ

株式会社ロックハーツで目をみはるのは、3,000件以上のYouTube動画制作実績です。
今までに携わった動画制作から、確実にノウハウが蓄積されているので、洗練された動画を作成してくれます。
また、もともと、広告やCM映像の分野でしのぎを削ってきた企業になるので、魅力的な映像作品をつくるのに長けている企業であります。
ほかに、インターネットの広告運用などを手がけることから、どういった広告がユーザーにアプローチするのに最適かも熟知しています。
具体的にどういった内容の運用代行になるかというと、動画投稿はもちろん、チャンネル情報の更新、さらにはサムネイル更新などの基本的な事項にも対応してくれます。
他にも、データ解析をして、詳細なレポートを提出してくれるのも嬉しいところです。
詳細なレポートがあれば、任せているほうとしては、安心ができ、最近流行っているVSEOにも対応してくれます。

公式サイト:https://rockhearts.jp

AvenirDesign(アベニールデザイン)

アベニールデザイン(AvenirDesign)は、かなり特殊な代行会社です。
企業自体をトータル的にプロデュースする運用代行に携わっています。
単純にYouTubeを通じた最適化だけにとどまらず、企業や店舗の魅力を最大限に引き出す点についても、常に模索してくれます。
さらに、企業におけるビジネス戦略の策定なども手がけているので、YouTubeの運用代行にとどまらない活躍を期待できるサービスです。
運用代行だけではなく、さらなるメリットも獲得したいといった企業にとっては、ぴったりのパートナーになってくれます。
もちろん、YouTube運用代行に関しても、しっかりとしたサービスを提供してくれ、ディレクションからはじまり、動画撮影、さらには写真撮影などにも対応してくれます。
ほかに、動画編集やサムネイル制作など、多岐にわたる活躍をしてくれます。
定期ミーティングなども実施してくれるので、現在のYouTubeチャンネルの進捗状況を定期的に把握することができます。

公式サイト:https://office-avenir.com

モバーシャル株式会社

モバーシャル株式会社は、動画制作の実績ならば、かなりの実績があります。
なんと18,000本をこえる実績があり、動画制作については、モバーシャル株式会社に任せておけば間違いありません。
また、YouTube運用だけではなく、ライブ配信などのマーケティングにも携わっています。
結果で、とにかく映像に強い企業であることがわかります。
また、特筆すべき点としては、企業内に3つの領域に対応することができる部門があります。
それぞれクリエイティブ、マーケティング、アカウントという部門です。
チームごとで対応することによって、それぞれに特化したサービスが受けられるというわけです。
さらに、動画制作だけではなく、分析や効果測定についても緻密に実施してくれるので、非常に信頼性が高いです。
もちろん、代行業者なので、YouTubeに関することを丸投げするのもありです。
費用は発生してしまいますが、18,000本をこえる動画制作実績に基づいて、洗練されたチャンネル運営をしていってくれます。

公式サイト:https://www.mobercial.com

APRESS株式会社

APRESS株式会社は、いわばYouTubeのプロ集団です。
プロ集団とわかるものに、APRESS株式会社の成り立ちがあります。
APRESS株式会社は、YouTubeで結果を残してきた人たちが集まって完成した会社です。
つまり、所属しているスタッフは、すべてYouTubeで実績を残したことがあるYouTuberです。
さらに、スタッフによる成功体験を蓄積して完成させた、運用代行メソッドには目をみはるものがあります。
運用代行の詳細としては、調査や提案からはじまり、運用はもちろん、その後のアフターケアまで手厚くサポートしてくれます。
また、スピーディーに結果を出すことにこだわっているので、とにかく運用代行には即効性を求めたいというような場合にもオススメです。
サービスはひとつではなく、いくつかのプランが用意されています。
ライトプランでは、YouTubeコンサルトと動画撮影、編集がセットになったサービスです。
上位プランであるスタンダードは、コンサルトと動画撮影、編集に加えて企画立案やサムネイル作成、動画投稿が加わります。
代行業者に依存したい度合いによってプランを選べるので、とても柔軟性に富んだサービスを提供しています。

YouTubeのコンサル・運用代行の費用(料金)相場

お金

YouTubeコンサルや運用代行する企業について理解したら、今度は、費用の相場について確認します。
いくら洗練されたコンサルや代行を提供してくれるといっても、値段が合致しないのであれば、なかなか利用することは難しいです。
まず、コンサルティングは、基本的には運用代行よりは、コストが低く設定されています。
安いところだと月額3万円くらいから対応してくれるところがあるので、お試しの気持ちで利用することもできます。
また、サービスによって少しずつ上っていきますが、上限の目安は15万円程度です。

しかし、コンサルをやっている企業の中には、半分運用代行のようなサービスを提供しているところもあるので、半分運用代行のコンテンツが含まれるのであれば、20万円や30万円の値段になるところもあります。
一方で、運用代行は、基本的にはコンサルよりも高くなることが多いです。
最低でも10万円以上は覚悟しなければならず、高い場合は、40万円以上の料金になることもあります。

また、運用代行といっても、企業によってさまざまなサービスを実施しています。
例えば、運用代行プラス、企業の経営戦略を練ってくれるようなサービスも存在します。
特別なサービスになると、もはや相場というものは存在せずに、企業のオリジナルのサービスになってしまいます。

YouTubeのコンサルや運用代行の会社の選び方

スマホと女性

最後に、YouTubeのコンサルや運用代行を提供している企業の選び方を紹介します。
いくつかポイントがあるので、今回紹介した企業を中心に、最良のパートナーを探してみてはいかがでしょうか。

実績が豊富か

企業を選ぶ場合に、実績は重要です。
今までにどのくらいの動画制作に携わっているか重要で、どのような対象を相手に商売をしているのかも重要になります。
個人相手の商売ばかり行っている企業の場合は、法人相手のコンサルは上手くできない可能性もあります。
さらに、具体的な数字を示して実績が掲載されていれば、信頼に値します。
YouTubeの場合は、再生数という目に見えるかたちでの結果が出てくるので、数字さえ示してもらえれば、企業の担当者でも、サービスに実力があるのかないのかが、すぐに分かります。

コストが見合っているか

YouTubeの運用代行やコンサルを選ぶ場合には、費用(料金)の問題は重要です。
まず、重要になってくるのは、コンサルをしてもらうことによって、獲得できる伸びによって、サービスの利用料金をカバーできるかという点です。
いくら動画再生数やチャンネル登録者数が伸びるとしても、あまりにも月額の費用が高い場合には、結果的にはマイナスになってしまいます。
また、コンサルは先行投資という見方もできるため、それぞれの企業の経営方針によっても、コストに対する意識は違ってきます。
多少赤字が出るとしても、最終的には利益につながるのならば、依頼した方がよいという判断が出来ます。

プランが段階的か

各サービスが提供するプランについても、一考の余地はあります。
プランが段階的なサービスの場合は、安いプランから利用して、成果に応じて、ランクを上げていくことができるからです。
そして、お試しプランともいえる下位のプランは、安ければ安いほどよいでしょう。
安いプランを用意してくれると、まずは試してみることができるので、やりやすいです。
また、チャンネルの成長に応じて、依頼するプランを変更するといった柔軟な対応も可能になってくるので、やはりプランが段階的なサービスは、使いやすいといえます。

コミュニケーション能力

コンサルや運用代行を依頼する場合には、企業のコミュニケーション能力は重要です。
それぞれの依頼者には、どういったチャンネル運営方針がいいのかの考えがあるはずです。
運営方針をしっかりと読みとってくれるようなサービスが理想になり、重要になってくるのが、コミュニケーション能力です。
打ち合わせの際にしっかりとコミュニケーションをとることによって、意図をくみとれるかを確認してみるとよいでしょう。
いくら再生数が伸びたとしても、自分たちが意図していたチャンネルの方向性とはまったく違うのでは意味がありません。
ブランドのイメージは非常に重要になってくるで、間違いがないように、コミュニケーション能力をはかることが重要です。
YouTubeの運用代行や、コンサルティングについて理解できたのではないでしょうか。
結論として、コンサルと運用代行のどちらを選べば絶対に間違いはないということはありません。
それぞれの企業によって、YouTube運用のスタンスは違うはずです。
丸投げをしたい企業ならば運用代行の方が良く、的確なアドバイスをもらいたいならコンサルになります。
また、YouTubeで目指す方向性も企業ごとに違ってくるので、どちらが正解という答えはないといえます。
重要なのは、サービスに対して自分たちが何を求めているのかを明確にして、提供してくれるサービスを、しっかりと選定することができるかが重要になります。
企業に必要なサービスを踏まえた上で、利用を検討するとよいです。

インスタグラムのアカンウト運用代行しませんか?
InstaCloud(インスタクラウド)_CTA
  • Instagramのアカウントを運用しているけど
    なかなかフォロワーが伸びない…
  • Instagramで集客したいけど
    任せれる人がいない…

こんなお悩みはありませんか?

アカウント運用代行業者に任せれば全て解決できます。

おすすめの記事