代表的なSNSの歴史や特徴・使われ方をされているのか徹底比較

日本で現在人気のSNSは主に4つ

世界的に普及しているSNSといえば、

insta+facebook+Twitter画像

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

が有名です。

さらに日本ではLINEユーザーが増大しています。

それぞれ、どのような特徴があり、どのような使われ方をしているのか、比較しながら見ていきましょう。

日本でのSNS普及の歴史

日本でオープンスタイルのSNSが普及したキッカケを作ったのが、Twitterではないでしょうか。

それまでの日本では

  • mixi
    mixi画像
  • ゆびとま
    ゆびとま画像

など、会員制のコミュニティが人気でした。

会員登録をした人だけがログインして利用でき、情報の交換や閲覧も登録しないと見ることができませんでした。

会員サイト上で友達として承認した人や参加承認されたコミュニティ内だけで

  • ブログを公開する
  • メッセージのやり取りをする

など、限定的で密なやり取りを楽しむのが基本スタイルだったのです。

もっとも、限定的な情報配信では物足りなくなり、ブログサイトを使って、よりオープンに情報配信をする人や自己表現をする方も増えていきました。

この時代には、まだ「いいね!」機能はありませんでしたが、友達承認や読者登録などの機能が付き、人気ブロガーが誕生していったのです。

ブログが面白いらしいと始める人も増えたものの、ブログを書くには労力もかかります。

写真をアップして文章を書く、始めた当初はできても次第にネタ切れとなる場合や面倒になって、数ヶ月もすれば放置状態になるブログが増えていったのです。

こうしたブロガーに風穴を開けたのが、Twitterでした。

■Twitterの特徴や活用のされ方

Twitter画像

Twitterは長い文章を書く必要はなく、写真や動画も投稿しなくても問題ありません。

極わずかな文字数で気軽に利用できるのが利点です。

すぐに伝えたい情報をスピーディーに発信できるほか、自分の日記のごとく、思い立ったことをつぶやくことができます。

しかも、投稿に気軽に「いいね!」と同意を与えることや投稿された内容をワンクリック「リツイート」で拡散することもできます。

リツイートなどの機能は、これまでのブログとは大きな違いでした。

今でこそブログにも、TwitterやFacebook、Instagramなどにシェアできる機能が付いていますが、その当時はありませんでした。

気になる情報を見つけても勝手にコピーすれば、著作権違反などのトラブルを招きかねません。

また、ブログにコメントを入れても、まったく知らない人からのコメントは警戒されることが多く、交流が広がらないケースも多かったものです。

Twitterはスピーディに情報を拡散することが可能

これに対してTwitterは投稿者にいちいち承認を取ることなく、リツイートによる拡散ができます。

拡散させたい情報の配信にも、活用されているのがTwitterの特徴です。

もっとも、FacebookやInstagramをはじめ、日本ではLINEが普及したことでTwitterのヘビーユーザーはやや下火になっています。

流行った当時は1日100回以上もツイートする人が話題を集めて人気になりましたが、今は災害情報など、短文でスピーディーに拡散させたい情報のシェアに活用されるケースが増えています。

また、企業や公的機関も活用しており、お堅いイメージがある企業や公的機関が親近感ある投稿をするなどして話題を集め、フォロワーを増やしてきました。

■Facebookの特徴や活用のされ方

facebook画像

Facebookは、「mixi」や「ゆびとま」など日本で生まれた会員制コミュニティサイトの拡大普及版的な位置付けで利用者が増えていきました。

会員制コミュニティサイトは閉鎖的な側面があり、会員登録しないと利用できないので、その存在を知らない人などは集まってきません。

学校のクラスの同窓会を開きたいと思っても、登録されているメンバーが極わずかしかいないケースも少なくありませんでした。

これに対してFacebookは世界的に利用できるオープンなSNSです。

Facebookは本名・顔写真の登録が基本

Facebookは、匿名やアカウント名での利用が多いほかのサイトやSNSとは異なり、本名と顔写真の登録が基本となっているので、安心して交流がしやすく、懐かしい仲間を見つけて繋がりを深めやすいのが特徴です。

学生時代の友人から職場の同僚や上司、以前の職場の同僚など仲間と気軽に繋がりが持てます。

仲間によるフォローが多いので、自分が関わるイベントの告知などにも便利です。

Twitterに比べて画像の配置などもしやすいので、企業やお店などがアピールサイトとして利用しているケースも少なくありません。

■Instagramの特徴や活用のされ方

Instagram画像

Instagramは写真をメインにしたSNSです。

インスタ映え」という言葉がトレンドになっているように、世界中の人がみんなに注目されたい1枚を投稿し合っています。

余計なコメントも付けずに、画像や動画だけでも投稿ができるので、言葉の壁を超えたコミュニケーションが可能です。

Instagramは日本では、

  • 可愛いもの大好き
  • キレイなもの大好き
  • 自分をよくアピールしたい

といった女性を中心に好まれているSNSです。

インスタ映えする写真を撮るためにレストランやカフェなど人気のお店巡りをしたり、リア充をアピールするために場所をセッティングしたり、さまざまなアイテムを揃えたり、時にエキストラまで準備して撮影に励む人も少なくありません。

Instagramには影響力のあるインフルエンサーが続出中

Instagramを利用する女性の特徴として、

  • 「いいね!」を増やしたい
  • 「フォロワー数」を増やしたい
  • 「もっと注目されたい」

女性が続出中です。

企業やお店の公式Instagramも増えているほか、影響力のあるインフルエンサーのインスタグラマーを活用した商品やサービスの販促といったマーケティングも拡大しています。

■LINEの特徴や活用のされ方

LINE画像

LINEはスマホや携帯で気軽に利用できるSNSで、モバイルに登録された電話番号だけでメッセージのやり取りができるのが特徴です。

モバイルで気軽に利用できるので、若者からシニアまでユーザーが増えており、家族間や友達間、サークルなどのコミュニティや職場などのグループを作って、必要に応じてスピーディーなやり取りをするのに適しています。

一定の閉鎖的な空間ながら、スムーズなやり取りができるのが、日本で人気を集めている秘訣です。

おすすめの記事